コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長者伝説 チョウジャデンセツ

5件 の用語解説(長者伝説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうじゃ‐でんせつ〔チヤウジヤ‐〕【長者伝説】

主として長者がおごりのために没落する過程を語る伝説。しばしば長者の屋敷跡とか黄金埋蔵伝説を伴う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長者伝説【ちょうじゃでんせつ】

日本に広く分布する伝説で,各地に長者屋敷の栄華の跡と称する場所がある。朝日さし夕日輝く木の下に長者が黄金万両を埋めて死んだという朝日夕日伝説,広い田の田植を1日ですませようと落日を招き返した祟(たたり)で,田地がすべて湖と化したという鳥取県湖山池の湖山長者伝説など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじゃでんせつ【長者伝説】

長者にまつわる伝説。全国に広く分布している。貧しい男が偶然のきっかけから幸運をつかんで裕福な長者になる話,また東西の長者がその財宝を競いあう話などがあるが,なかでも多いのが,栄華を誇った長者の没落を物語るもので,長者の屋敷跡と伝える場所が各地にある。そこに残る古井戸や石塔を往時のなごりであると信じている。しかし,長者伝説は史実とは直接関係はない。おそらく,村の中で特別視される場所や遺物,古木などに伝説が付着したものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうじゃでんせつ【長者伝説】

富豪の栄枯盛衰を語る伝説。全国的に分布し、その長者の屋敷跡と称する遺跡を伴うことが多い。「炭焼小五郎」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長者伝説
ちょうじゃでんせつ

かつて長者が住んでいたというその屋敷跡とか、黄金を埋めたとか、それにまつわる伝説。日本全国に分布していて近世の雑書・地誌・随筆類にも少なからず記されている。ほとんどが、長者がいかに没落したかを語るものである。たとえば、奈良県宇陀(うだ)郡室生(むろう)村(現奈良県宇陀市室生)のそれは、2人の子が家出し孤独になった滝野長者が財宝を滝つぼに投げ込み自殺したというもの。後の人が滝つぼをさらおうと試みたが、かならず雷雨があるので中止したという。滝つぼの大石は現存して元旦(がんたん)には鶏(とり)の声が聞こえるという。滝野長者の全盛期には大和(やまと)・伊賀国境の千刈田(せんかりた)の田植に、田があまり広いために田植が終わらぬうちに日没となるので、長者が金扇をもって日を招き返したところ、千刈田は米ができなくなってしまったと伝える。鳥取市北部の湖山池は、昔の湖山長者の田であった所で、やはり田植の日に、国中の早乙女(さおとめ)に植えさせてもまにあわず、金扇で太陽を差し招いて田植を完了したが、そのため所領の水田は一夜で湖と化したと伝える。兵庫県加西(かさい)郡北条町(現加西市)の朝日長者も同じ伝承によって即死したという。埼玉県秩父(ちちぶ)郡に伝わる長者伝説は、3代目の長者が先祖の富貴をおごり、秩父中の蕨(わらび)を刈らせて、日没に日輪を扇で招き返したが取り尽くせず、たびたび扇で招き、そのたびに長者の家族が1人ずつ消えてゆき、ついに長者も屋敷もなくなったという。高知市長浜町の宇賀長者は、水の神の恩恵で霊泉を発見し、富裕となるが、驕慢(きょうまん)のために財を一夜にして失う。奈良県磯城(しき)郡のそれは、芋(いも)の下に黄金の壺(つぼ)を発見し芋丸長者として栄えたが2代で滅びる。今日に残る祠(ほこら)はその屋敷跡と伝える。そのほかに俗謡で、「朝日輝く夕日のもとに」黄金を埋めたという場所を示した類歌も多い。どの伝説もおよそは共通した筋(すじ)で、もともと系統だった伝説が、伝播(でんぱ)の間に断片として地元の伝承に化合してしまった話と思われる。その伝播には僧侶(そうりょ)が荷担していたともいう。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長者伝説の関連キーワード壇ノ浦ミリセチン姥石乳銀杏椀貸し伝説付き纏わる這い纏わる纏わるショウロ正リン酸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長者伝説の関連情報