コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船長光 おさふねながみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長船長光
おさふねながみつ

鎌倉時代後期,備前国 (岡山県) 長船刀工光忠の子。法名順慶左近将監と称する。ただし両者を別人とみる説もある。正宗 (岡崎正宗) ,吉光 (→粟田口吉光 ) と並ぶ名工で,古刀には珍しく作刀が多く伝存しており,国宝,重要文化財などに指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おさふね‐ながみつ〔をさふね‐〕【長船長光】

鎌倉時代の刀工。備前の人。長船派の祖、光忠の子といわれるが、同名が数代続いている。足利将軍の宝刀大般若長光」の作者とされる。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長船長光 おさふね-ながみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
長船光忠(みつただ)の子。備前(岡山県)長船にすみ,長船派隆盛のもとをきずいた。名物「大般若(だいはんにゃ)長光」など6口(ふり)が国宝指定で,作刀年紀は文永11年(1274)から嘉元(かげん)2年(1304)まである。同名が2代あるとされ,初代を順慶長光,2代を左近将監(さこんのしょうげん)長光とよんでいるが異説もあり,また一人説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長船長光
おさふねながみつ

生没年不詳。鎌倉中期(13世紀)の備前(びぜん)国(岡山県)長船派の刀匠。同派の始祖光忠(みつただ)の子と伝えられ、一門に子の景光をはじめ近景(ちかかげ)、真長(さねなが)、長元(ながもと)、景政(かげまさ)らを輩出して繁栄をみた。作風は光忠に近い丁子乱(ちょうじみだれ)華やかな作から、小丁子に互(ぐ)の目(め)の交わるもの、直刃調に互の目や小丁子の交わるものまで、作域は広い。その作刀に1274年(文永11)から1304年(嘉元2)まであり、古来、同名2代あると伝えられている。初代の法名を順慶(じゅんけい)として順慶長光とよび、正応(しょうおう)(1288~93)以降の左近将監(さこんしょうげん)長光銘のものを将監長光とよんで2代としているが、順慶と二字銘の作刀はまったく長光の作風と異なり、別人とする説が強く、さらに二代説にも研究の余地がある。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長船長光の関連キーワード月山 貞一(2代目)日枝神社(東京都)佐野美術館遠江長光鎌倉時代長船光忠津島神社備前物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android