コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関八州繫馬 かんはっしゅうつなぎうま

世界大百科事典 第2版の解説

かんはっしゅうつなぎうま【関八州繫馬】

人形浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。1724年(享保9)1月大坂竹本座初演。三段目を竹本政太夫が語る。平将門の遺児,相馬良門・小蝶の兄妹と,源頼光の弟たち,頼信・頼平の抗争を題材とする。父将門の志をついで,良門・小蝶は天下をうかがい,小蝶は頼光邸に腰元として潜入する。頼光の跡目定めの夜,小蝶にそそのかされて頼平は兄頼信の許嫁詠歌の前を奪って脱出する。良門に詠歌の前を人質にとられ,頼平は良門に味方し朝敵となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

関八州繫馬の関連キーワード差し渡す・差渡す石針・石鍼・砭思惑・思わくけたたましいちんからり言葉を下ぐ捩り・錑り言葉詰めそげたつ息どし平良門強張る下用底心呻く大体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android