関八州繫馬(読み)かんはっしゅうつなぎうま

世界大百科事典 第2版の解説

かんはっしゅうつなぎうま【関八州繫馬】

人形浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。1724年(享保9)1月大坂竹本座初演。三段目を竹本政太夫が語る。平将門の遺児,相馬良門・小蝶の兄妹と,源頼光の弟たち,頼信・頼平の抗争を題材とする。父将門の志をついで,良門・小蝶は天下をうかがい,小蝶は頼光邸に腰元として潜入する。頼光の跡目定めの夜,小蝶にそそのかされて頼平は兄頼信の許嫁詠歌の前を奪って脱出する。良門に詠歌の前を人質にとられ,頼平は良門に味方し朝敵となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android