コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関八州繫馬 かんはっしゅうつなぎうま

1件 の用語解説(関八州繫馬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんはっしゅうつなぎうま【関八州繫馬】

人形浄瑠璃。時代物。5段。近松門左衛門作。1724年(享保9)1月大坂竹本座初演。三段目を竹本政太夫が語る。平将門の遺児,相馬良門・小蝶の兄妹と,源頼光の弟たち,頼信・頼平の抗争を題材とする。父将門の志をついで,良門・小蝶は天下をうかがい,小蝶は頼光邸に腰元として潜入する。頼光の跡目定めの夜,小蝶にそそのかされて頼平は兄頼信の許嫁詠歌の前を奪って脱出する。良門に詠歌の前を人質にとられ,頼平は良門に味方し朝敵となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関八州繫馬の関連キーワード出世景清人形浄瑠璃嫗山姥平家女護島碁盤太平記孕常盤曽我会稽山百日曽我世継曽我内海繁太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone