コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防虫加工(読み)ぼうちゅうかこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防虫加工
ぼうちゅうかこう

繊維に薬剤を吸着させて防虫性をもたせる加工。おもに羊毛に施される。その方法は,酸性染料に近い化学構造をもつミッチン FF,オイラン CNなどの有機性防虫剤を,羊毛量の1~1.5%量水に溶かし,40℃の状態で 10分間浸し,羊毛量の2%の酢酸芒硝を加え,加熱して 15分間で 80℃以上にする。そのあと 25分間で薬剤が吸着されるので水洗して乾燥する。この防虫性はドライクリーニングにも,8回ぐらいの水洗濯にも,日光にも影響されないので永久防虫法ともいう。虫はこの羊毛をごくわずか食べて中毒死するか忌避するようになる。これら薬剤については,強力なものは特に毒性に十分の注意が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

防虫加工【ぼうちゅうかこう】

主として羊毛製品に施し,虫による食害を防ぐため繊維自体に防虫剤を吸収・結合させる加工。低毒性のミチンFFやオイランU33が用いられる。
→関連項目防虫剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうちゅうかこう【防虫加工 moth proofing】

イガ,ヒメマルカツオブシムシなど,ある種のガや甲虫の幼虫は羊毛繊維を食べ,布に穴をあける。他の繊維は食べないので,カーペットの羊毛繊維を食べると裏地があらわれる。虫による食害を防ぐため,ショウノウ,ナフタレンなどの昇華性の防虫剤をたんすに入れて衣服を保存することが家庭で行われている。カーペットのように常時使用するものには,この種の防虫剤は適用できないので,繊維自体に防虫剤を吸収,結合させる防虫加工が工業的に行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防虫加工
ぼうちゅうかこう

絹や羊毛・毛皮などの繊維製品につくシミやイガなどの繊維害虫を防除するため、防虫剤を染色剤に溶かして、染色と同時に繊維製品に吸収させること。スイスのガイギ社のミチンFF、ドイツのバイエル社のオイランU33などが使用され、いずれも繊維量に対して1~1.5%染着する。これをミチン加工、オイラン加工などと通称している。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防虫加工の関連情報