コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍倉梯麻呂 アベノクラハシマロ

7件 の用語解説(阿倍倉梯麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あべ‐の‐くらはしまろ【阿倍倉梯麻呂】

[?~649]大化の改新政府の廷臣。名は内麻呂とも。改新後左大臣に任ぜられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍倉梯麻呂 あべのくらはしの-まろ

?-649 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年孝徳天皇の即位とともに左大臣となり,大化の改新をすすめた。4年に四天王寺で仏事をいとなみ,また百済大寺(大安寺)の造寺司をつとめた。阿倍鳥の子とおもわれる。娘の小足媛(おたらしひめ)は孝徳天皇の妃となり有間皇子を,橘娘(たちばなのいらつめ)は天智(てんじ)天皇の妃となり皇女2人を生む。大化5年3月17日死去。号は大鳥大臣。阿倍内(あべのうちの)麻呂とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿倍倉梯麻呂

没年:大化5.3.17(649.5.3)
生年:生年不詳
7世紀前半の官人。阿倍内麻呂と同一人物で摩侶とも記す。推古朝の大夫阿倍鳥の子で,『公卿補任』には大鳥大臣と号したとある。推古32(624)年蘇我馬子の命を受け,葛城県を譲与するよう奏請。推古の死後には蘇我蝦夷と後継天皇を決める会議を共催し,田村皇子(のちの舒明天皇)を擁立。大化1(645)年の乙巳の変(大化の改新)後,左大臣に就任した。なお娘の小足媛が孝徳妃となって有間皇子を生み,橘娘が天智妃となって飛鳥皇女,新田部皇女を生んでいる。大化4年四天王寺(大阪市天王寺区)に仏像4体を安置して霊鷲山を作り,また『大安寺伽藍縁起并流記資財帳』には斉明朝に百済大寺造寺司となったとある。<参考文献>関晃「大化の左大臣阿倍内麻呂について」(『歴史』21号)

(佐藤長門)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あべのくらはしまろ【阿倍倉梯麻呂】

?‐649(大化5)
7世紀の中央豪族。阿倍内麻呂ともいい,大鳥大臣とも号した。内麻呂の内は阿倍氏中の家名で,大和国宇智郡ないし山城国宇治郡の地にちなむものと考えられ,推古・舒明紀にその名の見える阿倍麻呂も彼のことであろう。推古朝の大夫(まえつぎみ)阿倍鳥の子と思われる。645年(大化1)6月,中大兄皇子中臣鎌足らが蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)を滅ぼし孝徳天皇が即位し中大兄皇子が皇太子となったとき,左大臣に任命され,いわゆる大化改新政府の主導的地位に立ち,死ぬまでその職にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あべのくらはしまろ【阿倍倉梯麻呂】

?~649) 古代の中央豪族。内麻呂ともいう。645年左大臣に任命され、大化改新政府の主導的地位にあった。娘の小足媛おたらしひめは有間皇子の生母。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿倍倉梯麻呂
あべのくらはしまろ

阿倍内麻呂」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿倍倉梯麻呂
あべのくらはしのまろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿倍倉梯麻呂の関連キーワード阿倍内麻呂ギヨーム・ド・ロリス阿倍阿倍宿奈麻呂阿倍鳥阿倍摩侶阿倍安麻呂紀堅麻呂佐伯赤麻呂角兄麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone