阿倍倉梯麻呂(読み)あべのくらはしまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍倉梯麻呂 あべのくらはしの-まろ

?-649 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年孝徳天皇の即位とともに左大臣となり,大化の改新をすすめた。4年に四天王寺で仏事をいとなみ,また百済大寺(大安寺)の造寺司をつとめた。阿倍鳥の子とおもわれる。娘の小足媛(おたらしひめ)は孝徳天皇の妃となり有間皇子を,橘娘(たちばなのいらつめ)は天智(てんじ)天皇の妃となり皇女2人を生む。大化5年3月17日死去。号は大鳥大臣。阿倍内(あべのうちの)麻呂とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿倍倉梯麻呂

没年:大化5.3.17(649.5.3)
生年:生年不詳
7世紀前半の官人。阿倍内麻呂と同一人物で摩侶とも記す。推古朝の大夫阿倍鳥の子で,『公卿補任』には大鳥大臣と号したとある。推古32(624)年蘇我馬子の命を受け,葛城県を譲与するよう奏請。推古の死後には蘇我蝦夷と後継天皇を決める会議を共催し,田村皇子(のちの舒明天皇)を擁立。大化1(645)年の乙巳の変(大化の改新)後,左大臣に就任した。なお娘の小足媛が孝徳妃となって有間皇子を生み,橘娘が天智妃となって飛鳥皇女,新田部皇女を生んでいる。大化4年四天王寺(大阪市天王寺区)に仏像4体を安置して霊鷲山を作り,また『大安寺伽藍縁起并流記資財帳』には斉明朝に百済大寺造寺司となったとある。<参考文献>関晃「大化の左大臣阿倍内麻呂について」(『歴史』21号)

(佐藤長門)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あべのくらはしまろ【阿倍倉梯麻呂】

?‐649(大化5)
7世紀の中央豪族。阿倍内麻呂ともいい,大鳥大臣とも号した。内麻呂の内は阿倍氏中の家名で,大和国宇智郡ないし山城国宇治郡の地にちなむものと考えられ,推古・舒明紀にその名の見える阿倍麻呂も彼のことであろう。推古朝の大夫(まえつぎみ)阿倍鳥の子と思われる。645年(大化1)6月,中大兄皇子・中臣鎌足らが蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)を滅ぼし孝徳天皇が即位し中大兄皇子が皇太子となったとき,左大臣に任命され,いわゆる大化改新政府の主導的地位に立ち,死ぬまでその職にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あべのくらはしまろ【阿倍倉梯麻呂】

?~649) 古代の中央豪族。内麻呂ともいう。645年左大臣に任命され、大化改新政府の主導的地位にあった。娘の小足媛おたらしひめは有間皇子の生母。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android