コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿見[町] あみ

2件 の用語解説(阿見[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿見[町]【あみ】

茨城県南部,霞ヶ浦南西部の台地を占める稲敷(いなしき)郡の町。中心の阿見は1921年霞ヶ浦海軍航空隊が置かれ,第2次世界大戦予科練の名で全国に知られた。現在も自衛隊の武器学校などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あみ【阿見[町]】

茨城県南部,稲敷郡の町。人口4万5652(1995)。霞ヶ浦南岸に位置し,湖岸沿いの低地のほかは台地が大部分を占める。古くから開けた地で,縄文時代の宮平貝塚などがあり,《延喜式》の式内社阿弥(あみ)神社もある。平安末期から室町時代にかけては信太荘の荘域に含まれていた。明治期から第2次世界大戦後まで台地の開墾が行われ,1960年ころまで麦,サツマイモなどの生産が中心であった。63年に首都圏市街地開発区域に指定され,工場誘致を進めた結果,食品,農業機械,化学などの工場が進出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone