コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部信行内閣 あべのぶゆきないかく

2件 の用語解説(阿部信行内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿部信行内閣【あべのぶゆきないかく】

1939年8月30日―1940年1月16日。陸軍に擁立された少数閣僚制内閣。第2次大戦不介入を声明。汪兆銘政権樹立による中国問題解決を図るが失敗。軍需経済優先による電力不足,食糧不足に悩み,物価抑制にも失敗。
→関連項目野村吉三郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿部信行内閣
あべのぶゆきないかく

(1939.8.30~1940.1.16 昭和14~15)
昭和時代の、阿部信行を首班とした軍人内閣。平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣の辞職後、陸軍の支持を受けて成立。閣僚10名からなる少数閣僚制をとり、政友会、民政党からは各1名が入閣しただけで、政党との関係は弱かった。成立直後にヨーロッパで第二次世界大戦が始まったが、これへの不介入と日中戦争の自主的解決を声明した。しかし、日米通商航海条約の継続交渉に失敗し、対中国政策も進展させることができなかった。内政面では、貿易省設置問題で外務官僚の大反対を受け、官吏身分保障制度撤廃案も枢密院の反対で実現しなかった。インフレの進行に直面し、九・一八物価停止令を発表しながら、自ら11月に米価引上げを行い、諸物価上昇と物資不足を促進して、国民の不満と政党の辞任要求を招いた。阿部は解散を企図したが、陸軍から見放され、1940年(昭和15)1月14日総辞職した。わずか5か月足らずの弱体無能内閣と評された。[吉見義明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿部信行内閣の関連キーワード永正寛永元暦神護景雲大村純保佐々木栄介柴田善太郎杉山幹松平容貞吉田鎮雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone