コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部信行内閣 あべのぶゆきないかく

百科事典マイペディアの解説

阿部信行内閣【あべのぶゆきないかく】

1939年8月30日―1940年1月16日。陸軍に擁立された少数閣僚制内閣。第2次大戦不介入を声明。汪兆銘政権樹立による中国問題解決を図るが失敗。軍需経済優先による電力不足,食糧不足に悩み,物価抑制にも失敗。
→関連項目野村吉三郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿部信行内閣
あべのぶゆきないかく

(1939.8.30~1940.1.16 昭和14~15)
昭和時代の、阿部信行を首班とした軍人内閣。平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣の辞職後、陸軍の支持を受けて成立。閣僚10名からなる少数閣僚制をとり、政友会、民政党からは各1名が入閣しただけで、政党との関係は弱かった。成立直後にヨーロッパで第二次世界大戦が始まったが、これへの不介入と日中戦争の自主的解決を声明した。しかし、日米通商航海条約の継続交渉に失敗し、対中国政策も進展させることができなかった。内政面では、貿易省設置問題で外務官僚の大反対を受け、官吏身分保障制度撤廃案も枢密院の反対で実現しなかった。インフレの進行に直面し、九・一八物価停止令を発表しながら、自ら11月に米価引上げを行い、諸物価上昇と物資不足を促進して、国民の不満と政党の辞任要求を招いた。阿部は解散を企図したが、陸軍から見放され、1940年(昭和15)1月14日総辞職した。わずか5か月足らずの弱体無能内閣と評された。[吉見義明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿部信行内閣の関連キーワード河原田 稼吉永田秀次郎唐沢 俊樹伍堂 卓雄酒井 忠正白鳥 敏夫大達 茂雄遠藤 柳作河原田稼吉永井柳太郎酒井忠正金光庸夫秋田 清阿部内閣畑俊六

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android