コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰囊水瘤 いんのうすいりゅう hydrocele testis

1件 の用語解説(陰囊水瘤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いんのうすいりゅう【陰囊水瘤 hydrocele testis】

陰囊水腫あるいは睾丸水瘤ともいう。睾丸は固有鞘膜呼ばれる二重の膜で包まれている。正常でもこの2層の膜の間には少量の液が存在しているが,ここに異常に大量の液が貯留した状態をいう。貯留液は淡黄色透明である。幼児と老人に多く,その発生原因は固有鞘膜内面における液の分泌の異常亢進または液の再吸収障害によると考えられる。先天性のものと後天性のものに大別され,前者は幼児に多く後者は老人に多い。後天性のものの原因には,睾丸の外傷,睾丸・副睾丸炎睾丸腫瘍などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

陰囊水瘤の関連キーワード睾丸精巣停留睾丸副睾丸狸の睾丸八畳敷き潜伏睾丸飢餓水腫思春期のおたふくかぜと睾丸炎夏まけ睾丸炎 (orchitis, testitis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone