コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠れ脱水 カクレダッスイ

デジタル大辞泉の解説

かくれ‐だっすい【隠れ脱水】

気づかないうちに脱水症になりかけている状態。本格的な脱水症や熱中症への進行を予防するために、適度な休息水分補給を心がける必要がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隠れ脱水
かくれだっすい

特段の症状はなく、本人も気づかないうちに、脱水症の一歩手前の危険な状態におちいることをさす。脱水症は、人体の大部分(新生児8割~高齢者5割)を占める水分(体液)と、水に溶けているナトリウム、カリウム、カルシウムなどの電解質が不足することである。水分が不足すると血液量が減少し、臓器への栄養分供給や老廃物回収機能の低下を招く。また、電解質が不足すると、体温調節ができなくなるなど、神経や筋肉、臓器などの正常機能を維持できなくなる。脱水症が重症化すると、最終的には死に至る。
 高温環境下で、激しい運動や労働をして発汗し、頭痛やけいれん、意識障害へと急激に進む熱中症は、脱水症の高温版である。高温多湿の室内での生活でもおきる。総務省によると2013年(平成25)6月から9月までの間に、全国で5万8729人が熱中症で救急搬送された。このほか、病気による発熱や下痢、嘔吐(おうと)で水分や電解質を失っても脱水症になる。
 もともと体の水分量が少ない高齢者は脱水症になりやすいが、その手前の隠れ脱水になる危険性はさらに高い。成人は毎日1500~2500ミリリットルの水分を尿や汗などで失い、その分を飲み物、食物から補っている。何らかの原因でこのバランスが崩れると、隠れ脱水から脱水症へと症状が進む。
 高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓(じんぞう)病の持病があり、栄養不良気味で、気密性の高い住宅(マンションなど)に住んでいる一人暮らしの高齢者が要注意とされている。高温多湿の日が続き、大量の汗をかき、下痢や嘔吐があると、隠れ脱水におちいる可能性は高まる。食欲が低下したり、どうも元気が出ない、頭痛や筋肉痛がある、微熱が続くなどの症状がある場合には、医療機関で診療を受ける必要がある。
 子どもの隠れ脱水は気づきにくい。いつもより飲食量が落ちたり、笑わない、機嫌が悪いなどの変化がみられるときは、隠れ脱水の可能性があり、水分の補給が重要である。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

隠れ脱水の関連キーワード隠れ熱中症

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠れ脱水の関連情報