コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雉本朗造 きじもとろうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雉本朗造
きじもとろうぞう

[生]1876.1.11. 愛知
[没]1922.3.13.
民事訴訟法学の先駆者。東京大学卒業後,1903年京都大学講師,04年同助教授。ヨーロッパに留学後の 08年に同教授として民事訴訟法を講じ,個人主義的な訴訟法理論を展開した。一方,愛知県の小作争議の調停,立命館大学の経営など社会的にも活躍したが,別府より神戸に向う船中から投身して命を絶った。主著『判例批評録』 (3巻,1917~29) ,『民事訴訟法論文集』 (28) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雉本朗造 きじもと-ときぞう

1876-1922 明治-大正時代の法学者。
明治9年1月11日生まれ。41年京都帝大教授,大正7年京都帝大法科大学長。日本の民事訴訟法学の基礎をきずく。9年郷里愛知県の小作争議を支援し,国会で非難される。11年3月15日瀬戸内海航行中の船上から行方不明になった。47歳。東京帝大卒。著作に「判例批評録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きじもとろうぞう【雉本朗造】

1876‐1922(明治9‐大正11)
明治・大正期の民事訴訟法学者。愛知県生れ。〈ろうぞう〉という呼び方は長じてからのもので,本来は〈ときぞう〉といった。1903年東京帝国大学法科大学を卒業。司法官試補,京都帝国大学法科大学講師を経て,04年同大学助教授。同年よりイギリス,ドイツ,フランスの3国に留学,08年帰国し同大学教授となった。09年台湾総督府法案起草委員となった。18年京都帝国大学法科大学長に補せられた。京都大学教授のかたわら立命館大学を経営し,同大学の事業として大阪に日本法律研究所を設け,一般人からの依頼をも受けて法律の質疑に応じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雉本朗造
きじもとときぞう
(1876―1922)

「ろうぞう」ともよばれる。法学者。1903年(明治36)東京帝国大学卒業。司法官試補などを経て、08年京都帝国大学法科教授。法学博士。大学では民事訴訟法講座を担当。日本の民事訴訟法学の先覚者であり、同時に実践面を重視して、大阪に日本法律研究所を設け法律相談に応じ、また、郷里(愛知県鳴海(なるみ))の小作争議で農民を指導した。著書として『民事訴訟法論文集』、『民事訴訟法の諸問題』、『判例批評録』3巻がある。[本間義信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雉本朗造の関連キーワード大正時代