コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪蹊寺 セッケイジ

4件 の用語解説(雪蹊寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっけい‐じ【雪蹊寺】

高知市長浜にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は少林山。延暦年間(782~806)に空海が創建。初め高福寺、のち慶雲寺と称し、安土桃山時代に月峰が中興して臨済宗となる。長宗我部(ちょうそかべ)氏の菩提(ぼだい)寺。四国八十八箇所第33番札所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雪蹊寺【せっけいじ】

高知市長浜にある臨済宗妙心寺派の寺。本尊薬師如来。空海の創建と伝え,高福寺と号したが,慶長年間(1596年―1615年)に長宗我部氏菩提所と定め寺号を改めた。
→関連項目湛慶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

雪蹊寺

高知県高知市にある寺院。815年創建。宗派は臨済宗妙心寺派。創建当初は真言宗の寺で、「高福寺」と称した。廃寺となった後、天正年間に臨済宗の寺として復興。四国八十八ヶ所霊場第33番札所。本尊の薬師如来像など、鎌倉時代の仏師、運慶や息子の湛慶作の仏像を多く所蔵、いずれも国の重要文化財に指定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪蹊寺
せっけいじ

高知市長浜にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。高福山(こうふくざん)と号する。本尊は薬師如来(にょらい)。四国八十八か所第33番札所。延暦(えんりゃく)年間(782~806)空海によって開創され、初め保寿山高福寺といい真言(しんごん)宗の寺であったと伝える。その後、慶雲寺と称したが、運慶(うんけい)・湛慶(たんけい)がこの寺の本尊、脇侍(きょうじ)などを補修したのにちなむともいう。安土(あづち)桃山時代には長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)の援助により月峰(げっぽう)が中興して臨済宗となる。1599年(慶長4)元親が没すると嗣子(しし)の盛親(もりちか)はこの寺を菩提(ぼだい)寺と定め、元親の法号にちなんで雪蹊寺と改称した。明治維新のとき一時廃寺となったが、1880年(明治13)大玄が再興した。鎌倉盛期の仏像の宝庫で、木造薬師如来および両脇侍像、湛慶作の木造毘沙門天(びしゃもんてん)、吉祥天(きちじょうてん)、善膩師(ぜんにし)童子像は国重要文化財に指定されている。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪蹊寺の関連キーワード春見文勝瑞巌寺鉄舟寺臨済寺一畑寺正灯寺瑞鳳寺摠見寺梅林寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪蹊寺の関連情報