コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長宗我部氏 ちょうそかべうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長宗我部氏
ちょうそかべうじ

土佐の豪族,戦国大名。秦 (はた) 河勝の後胤といい,一説では蘇我氏の部民 (べみん) の子孫ともいう。能俊を祖とする。源平の内乱の際,長岡郡宗部 (そかべ) 郷に勢力を張り,この姓を称した。南北朝時代,能俊 11代の孫信能が守護細川氏に属し,応仁の乱で守護が上洛して不在中,土佐7守護の一人となった。文明 10 (1478) 年文兼が一条房家土佐国司に奏請し,これを背景に威を張ったが,その孫兼序が永正年間 (1504~21) に殺され一時断絶した。元親は国内の諸豪族を滅ぼし,国司一条氏を追い,天正年間 (73~92) 四国全域を征服した。しかし天正 13 (85) 年豊臣秀吉に敗れ土佐一国を安堵 (あんど) されて臣従した。その子盛親は関ヶ原の戦いに豊臣方に属したため所領を没収され,大坂夏の陣 (1615) で斬首されて滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

長宗我部氏【ちょうそかべうじ】

中世土佐国の豪族。氏名は長岡郡宗部(そがべ)郷(現高知県南国市)を本拠としたことによる。同地の岡豊(おこう)城に拠った。戦国時代に一時衰微するが,国親(くにちか)のとき勢力を回復。
→関連項目雪蹊寺野中兼山幡多荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうそがべうじ【長宗我部氏】

中世土佐国の豪族。《和名抄》の長岡郡〈宗部〉郷(訓は〈曾我倍〉)の地名を氏としたものであろう(香美郡に住んだ宗我氏を香宗我部氏という)。家譜,軍記物は始祖を秦河勝とするがもとより不明。ただ1554年(天文23)の棟札に〈秦国親〉とあり,戦国期には秦氏を自称している。家紋は鳩酢草。 土佐長宗我部氏の初代は能俊で,延久(1069‐74)あるいは承久(1219‐22)ころに信濃より入国したとされるが不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長宗我部氏
ちょうそがべうじ

「ちょうそかべ」ともよみ、「長曽我部」とも書くが、「長宗我部」が有力。土佐(高知県)の豪族で戦国大名。祖先は伝承に覆われており、秦(はた)氏とか蘇我(そが)氏の部民とか伝えるが、秦氏説が定着。平安後期~鎌倉前期ごろ秦能俊(よしとし)が信濃(しなの)より土佐国長岡郡宗部郷(そがべごう)(高知県南国(なんこく)市)に移り、子孫は地名をとって長宗我部氏を名のり岡豊城(おこうじょう)を本拠とした。
 7代兼光(かねみつ)のころ広井(ひろい)、中島(なかじま)、野田(のだ)、大黒(おおぐろ)らの庶流を派生し、11代信能(のぶよし)は足利尊氏(あしかがたかうじ)に属して活躍。1345年(興国6・貞和1)ごろ子兼能(かねよし)は吸江庵(ぎゅうこうあん)(高知市五台山)の寺奉行(てらぶぎょう)となり、代々この任を受け継いだ。守護代細川氏の入国後はその下で北朝方として行動した。17代元門(もとかど)は父文兼(ふみかね)の命に背いて内訌(ないこう)が起こり、弟の雄親(かつちか)が18代の家督を継いだ。1508年(永正5)ごろ19代兼序(かねつぐ)は本山(もとやま)、山田、吉良(きら)、大平(おおひら)ら周辺の豪族に攻められて敗死し、子国親(くにちか)は幡多庄(はたのしょう)中村で一条房家(いちじょうふさいえ)に養育された。1518年岡豊城に帰り家を再興したが、1560年(永禄3)宿敵の本山氏と対戦中に死んだ。その子元親(もとちか)は土佐を統一し、四国を平定したが、1585年(天正13)夏豊臣秀吉(とよとみひでよし)に降伏し、土佐一国を安堵(あんど)された。その子盛親(もりちか)は関ヶ原の敗戦で国を追われ、大坂の陣で豊臣方に属して戦ったが捕らわれて斬(き)られた。[山本 大]
『山本大著『土佐長宗我部氏』(1974・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長宗我部氏の言及

【郷士】より

…このような郷士のほか,給地がごく少なく身分的にもあまり高いとは思われないもの(延岡藩の小侍や郷足軽),給地・給米のないもの(無足人),軍役を負担しないもの(十津川郷士)など,その性格はさまざまである。 土佐藩における郷士の成立は,1600年(慶長5)新藩主山内氏入封時における,旧国主長宗我部氏家臣団の積極的・消極的抵抗に端を発している。山内氏は彼らを懐柔するため13年に長宗我部氏遺臣の中からいわゆる慶長郷士を登用した。…

【香宗我部氏】より

…土佐国中世の地頭。1193年(建久4)中原秋家が香美郡宗我・深淵両郷(野市町)の地頭職に任ぜられ下向し,主家一条忠頼の子秋通に譲り,郡名を冠した香宗我部氏を名のったのに始まり,以後戦国末に至る。南北朝動乱に当たっては早くより武家方に属し,ついで守護細川氏の被官となり活躍するが,他方西山氏など庶流を分出,その勢力は物部庄(南国市),大忍(おおさと)庄(香我美町)に及ぶ国人に成長した。しかし1526年(大永6)安芸氏に敗れてより家運衰え,56年(弘治2)親秀は家督秀通を殺し,翌年長宗我部国親の三男親泰を養子とし,長宗我部の一門となった。…

【石高制】より


[政治的要因による石高]
 大名の領知高は,検地の施行または指出の提出に基づいて,秀吉(江戸時代では将軍)から個別に出される領知判物・印判状によって確定づけられるが,これと異なった方式で決められることもある。たとえば長宗我部氏の場合,1585年の秀吉の四国攻めに屈服したが,その際に陣参3000人という軍役奉仕を条件に,かろうじて土佐一国を安堵された。9万8000石という土佐の石高は,検地の結果としてではなく,軍役人数に即応する形で定められた点が特筆されよう。…

【土佐国】より

…守護所の所在地は不明だがおそらくは国衙に近い香長(かちよう)平野の東部であろう(室町期の守護代細川氏の居館は香美郡田村にあった)。鎌倉期の土佐の地頭・御家人としては,古くからの在地領主で幕府に本領安堵された夜須,八木,安芸などの諸氏と,治承あるいは承久の乱以後入部したと思われる長宗我部(ちようそがべ)氏香宗我部(こうそがべ)氏,大黒氏などがあり,津野氏も後者の公算が大である。しかしこれら在地領主のうち,鎌倉御家人として《吾妻鏡》にみえるのは先の夜須行宗,源内行景の2名のみであり,しかもともに土佐冠者希義にかかわり,政治史からみる土佐の鎌倉期は少しく精彩を欠いている。…

【土佐国蠧簡集】より

…編者は土佐藩士奥宮正明(?‐1726)。1151年(仁平1)に始まり,長宗我部氏と山内氏の交替期の1600‐03年(慶長5‐8)をもって終わる。全9巻。…

※「長宗我部氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長宗我部氏の関連キーワード大分県佐伯市鶴見羽出浦長宗我部元親百箇条小牧・長久手の戦長宗我部地検帳河野通直(2)長浜(高知市)長宗我部国親森田久右衛門長宗我部盛親土佐国蠧簡集奈半利[町]長宗我部元親飛鳥井雅量本山[町]野市[町]高知[県]南国[市]一領具足土居清良一条兼定

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長宗我部氏の関連情報