コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲辺寺山 うんぺんじさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲辺寺山
うんぺんじさん

徳島県北西部の三好市と,香川県南西部の観音寺市との境にある讃岐山脈の一峰。標高 927m。山頂の徳島県側にある雲辺寺四国八十八ヵ所の第 66番札所で,国の重要文化財指定の千手観音坐像,毘沙門天立像などがある。山頂の北側に観音寺市から全長約 2600mのロープウェーが通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うんぺんじさん【雲辺寺山】

讃岐山脈西部,徳島県三好郡と香川県三豊郡の境にある山。標高911m。山頂にある雲辺寺(千手院)は四国霊場八十八ヵ所第66番の札所で,比較的高い山地の古刹(こさつ)として知られている。権威ある寺として崇敬され,16世紀末,長宗我部元親の阿波侵攻の際も雲辺寺だけは手をつけることができなかった。寺は徳島県池田町にあるが,四国霊場の順序からすると,〈66番讃州の寺〉となっている。山頂は寺社林で,杉,モミ,ツガが茂り,樹林下のハイキングが楽しめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県(香川県)〕雲辺寺山(うんぺんじさん)


徳島・香川県境、讃岐(さぬき)山脈西部に位置する山。標高927m。頂の徳島県側に四国八十八箇所第66番札所の雲辺寺があり、参詣(さんけい)者が多い。香川県側山麓(さんろく)からロープウエーが通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲辺寺山
うんぺんじさん

香川・徳島県境の讃岐(さぬき)山脈西部の高峰。標高927メートル。砂岩、集塊岩、頁(けつ)岩からなる和泉(いずみ)砂岩層の地形で、傾斜の急な山腹に対し頂上は平坦(へいたん)。頂上の徳島県側に四国八十八か所の66番札所雲辺寺がある。徳島県側からは自動車道が通じるが、遍路道は香川県側にあり、里程標や道しるべが多く残されている。頂上はよい展望台で、三豊(みとよ)平野や燧灘(ひうちなだ)に沈む夕日はとくに美しい。1987年(昭和62)、香川県大野原(おおのはら)町(現、観音寺(かんおんじ)市)から雲辺寺ロープウェイが開通、雲辺寺への参拝が便利になるとともに、観光客も増えている。[稲田道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雲辺寺山の関連キーワード箸蔵県立自然公園五郷渓温泉集塊岩大野原参詣

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲辺寺山の関連情報