コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷獣 ライジュウ

4件 の用語解説(雷獣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らい‐じゅう〔‐ジウ〕【雷獣】

落雷とともに地上へ降り、人畜を殺傷したり、樹木を引き裂いたりするといわれる、想像上の動物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

雷獣(らいじゅう)

日本の妖怪。雷とともに天から降りてくきて、落雷のあとに爪跡を残すとされる。東日本を中心に各地に広く伝承が残る。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らいじゅう【雷獣】

想像の動物の一つで,はげしい雷雨のとき空中を飛び,地に落ちて樹木を裂き人畜を害すると考えられた。中国から伝えられた思想らしく近世にはひろく信じられ,随筆や見聞録にその記事が多い。雷獣といわれる図画も少なくない。しかしながら,細部のイメージは見たという人々によってかなり異なり,四足獣で尾長く爪が鋭いこと以外は一致しない。樹木を裂く点で爪が必要と考えたのであろう。犬,猫,カワウソなどの姿に近いという点もほぼあっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らいじゅう【雷獣】

想像上の怪物。四足獣で、はげしい雷雨のときに雲に乗って空を飛び雷とともに地上に落ち、人畜を害するという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雷獣の言及

【雷】より

…武器として石斧を利用しているが,この雷斧の信仰は世界各国に共通である。夕立の際に平素見なれぬ動物がまぎれ出ることが雷獣とか雷鳥とかいう考えを生み出したらしいが,アメリカ・インディアンの間では巨大な鳥が雷鳥として考えられ,そのはばたきによって雷鳴や電光が生ずると信ぜられている。 日本の雷神に関する絵や彫刻は古くから非常に多く残されている。…

※「雷獣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雷獣の関連キーワード激声激発激浪激論激戦激談激しい

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雷獣の関連情報