コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子ボルト でんしボルト electron volt

7件 の用語解説(電子ボルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子ボルト
でんしボルト
electron volt

エレクトロンボルトともいう。素粒子原子核,原子,分子などのエネルギーを表わす実用単位。記号は eV 。 1eV は,真空中において電位差 1V の2点間で電気素量 e荷電粒子が加速されるときに得る運動エネルギーである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんし‐ボルト【電子ボルト】

エネルギーの単位。1電子ボルトは1個の電子が真空中で1ボルトの電位差で加速されたときに得るエネルギーで、1.602×1019ジュール。記号eV エレクトロンボルト。
[補説]素粒子の質量を表す単位としても用いられる。記号はeV/c2(cは真空中の光速度)またはeV。1eVは1.78×10-36キログラム。陽子の質量は0.938GeV電子の質量は0.511MeV

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電子ボルト【でんしボルト】

エレクトロンボルトとも。素粒子,原子核,原子,分子などのエネルギーを表す単位。記号eV。電気素量eの電荷をもつ粒子が真空中で電位差1ボルトの2点間で加速されるとき得るエネルギーに等しい。
→関連項目エネルギー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんしボルト【電子ボルト electron volt】

素粒子(電子,陽子など),原子,分子,電離放射線などがもつエネルギーの単位。エレクトロンボルトとも呼ばれ,記号eV。1eVは,1個の電子が真空中で電位差1Vの電極の間で加速されるときに得るエネルギーに等しい。電子のもつ電荷は約1.602×10-19Cであり,一方,1Cの電荷をもつ粒子が1Vの電位差の2点間で加速されて得るエネルギーが1Jと定められているから,1eVは約1.602×10-19Jである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんしボルト【電子ボルト】

イオン・素粒子などのエネルギーを表す単位。記号 eV  電気素量をもつ粒子が真空中で1ボルトの電位差で加速されたとき得るエネルギー。一電子ボルトは 1.60×10-19 J(ジュール)に等しい。エレクトロン-ボルト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典の解説

でんしボルト【電子ボルト】

素粒子・イオンなどがもつエネルギーの単位。記号は「eV」。1eVは1個の電子を真空中で1Vの電位差で加速した場合、その電子が得るエネルギー。その値は1.60218×10-19ジュールにあたる。おもに原子物理学で使われる単位で、一般にエネルギーはジュール(J)を使用。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子ボルト
でんしぼると
electron-volt

1個の電子が1ボルトの電位差によって受けるエネルギーで、荷電粒子のエネルギーを表すのに用いる単位。エレクトロンボルトともいう。記号はeVで表す。SI単位で表される数値が実験的に求められる非SI単位の一つである。1電子ボルトは1.6027653×10-19Jに等しい。国際単位系(SI)では、特別な領域でSI単位と併用してよいとしている。電磁放射(光子)のエネルギーを電子ボルトで表す近似的な方法として、波長λをナノメートル(nm)で表せば、10-4程度の精度で、1234/λeVで与えられる。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子ボルトの関連キーワード核反応クォーク素粒子対生成基本粒子荷電粒子粒子ハドロン実験施設反粒子と反物質大強度陽子加速器施設J―PARC

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子ボルトの関連情報