コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川神道 ヨシカワシントウ

世界大百科事典 第2版の解説

よしかわしんとう【吉川神道】

江戸前期の神道家吉川惟足(これたり)によって提唱された神道。惟足が萩原兼従から道統伝授された吉田神道によりながら,その儒仏神三教包摂的な思想に対し,仏教的要素を除いて,儒学とくに宋学理論の重視を説き,みずから理学神道と称した。また君臣の道としての神道を強調した。惟足は幕府の神道方に登用され,儒学における林家と並んで幕府の文教政策に神道を反映させたいと意図していたが,幕府の東照宮祭祀は天台神道によって支配され,日本の教学としての神道を武家社会に宣布しようとする惟足の素志は実現できなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よしかわしんとう【吉川神道】

神道の一派。江戸初期に吉田神道から分かれて吉川惟足よしかわこれたりが創唱した。儒教的色彩が強い。理学神道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉川神道
よしかわしんとう

近世初期幕府に仕えた神道家吉川惟足(これたり)の創唱した神道。惟足は京都の吉田神道の奥義を受け、「日本の神道を一人に相伝」(『神学伝承記』)と強い自負をもってこれに朱子学的理念を独自に加えて所説を形成した。神は不測の神理でこの一理から万種が生起する、神人一体、天人合一の理であるが、現実には神と人との差は厳然とある、日本人は神の子孫で敬神崇祖の念をもつことがだいじであり、わが国の法はみな神道と心得よなど、理を強調して自ら「理学の神道」と称し、世間の祭法行事の「社人(行法)の神道」と区別した。神儒習合神道の一典型といえるが、会津藩主保科正之(ほしなまさゆき)らをはじめ、当時の上下の知識層から抵抗なく受け入れられ普及した。吉川家は幕府神道方として幕末まで継承されたが、この神道説は惟足一代のまま、その後の進展はとくにみられなかった。[小笠原春夫]
『平重道著『吉川神道の基礎的研究』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の吉川神道の言及

【神道】より

…中世の後期に入って,神道説の仏教からの離脱は進み,儒・仏・道など諸思想を習合して神を中心と説く吉田神道が成立した。近世に入って全国の神職のほとんどが吉田神道の支配下に置かれたが,吉川惟足は儒学を摂取した神道説を唱え,吉川神道(よしかわしんとう)を学んだ山崎闇斎は,儒学の立場をさらに深めた垂加神道(すいかしんとう)を主張した。また真言僧慈雲は,記紀などの神典を密教で解釈する雲伝神道を立てたが,その主張は仏教や儒教などの思想を習合した神道を,すべて俗神道としてしりぞけ古典の精神に帰ろうとする国学の立場(復古神道)に近いものであった。…

※「吉川神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉川神道の関連キーワード吉川惟足(よしかわこれたり)垂加神道津軽信政服部安休復古神道平 重道儒家神道橘三喜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android