コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露場 ろじょう instrument platform; observation field

6件 の用語解説(露場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

露場
ろじょう
instrument platform; observation field

気象観測を行なうための場所。一定地域の気象を代表させうるように,地形や地上物の影響が少ない平坦地に設ける。できるだけ広い面積(気象庁では 600m2以上)が必要とされ,一面に芝生を植えて,百葉箱または電気式温度計・湿度計,雨量計風向風速計,日照計などを配置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【露場】

気象観測をするために整備した屋外の場所。周りに障害物のない平らな場所に、雨が跳ね返らないよう芝を植え、百葉箱(ひゃくようばこ)や雨量計などを設置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

露場【ろじょう】

気象観測するために定められた戸外の場所。まわりの地物の影響の少ない適当な広さの場所を区切り,芝を植え,そこに百葉箱,雨量計などの気象測器を配置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろじょう【露場 observation field】

温度計や雨量計などのように屋外に設置しなければならない気象器械のために特別に整備された地面。ここで観測された気象要素はその付近一般の気象状態を代表しうるものでなければならないから,露場はできるだけ広いことが必要で(600m2以上),近くに高い建物や木などがなく,草地が広がっていることが望ましい。露場には,日射が地面で反射して気温の測定に影響したり,雨がはねかえって雨量測定の誤差にならないように芝を植える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろじょう【露場】

気温・湿度・降水量・蒸発量など地上気象観測を行うために特別に整備した屋外の場所。普通,日光の反射や雨のはねかえりを防ぐため芝生が植えられ,約6千平方メートル以上の広さで設けられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

露場
ろじょう

雨量計や百葉箱など、気象観測用の測器をセットする屋外の場所。測定器械の感部を大気に露出する意味で、このように名づけられたのであろう。よい観測値を得るには、地物、建物、樹木などの障害物が少ない、水はけのよい平坦(へいたん)地に露場をつくる。広さは、気象台や測候所では600平方メートル以上とされているが、周囲が広々としている場所や設置する測器の種類や数によっては、もっと狭くても支障は少ない。都会で建物が密集している所では、理想的な露場をつくるのはむずかしい。やむをえず屋上に設ける際は、十分な注意が必要である。コンクリートからの照り返しや屋内からの排気が気温に影響したり、建物による吹き上げ気流や渦のため、雨量計に雨滴や雪片が入りにくくなることがある。学校のように校舎が並んでいる所では、校舎の間に露場を置くのは適当でない。なるべく校舎から離し、運動場の端などを選ぶ。気象官署の露場には、百葉箱や隔測温湿度計のシェルター、雨量計、雪量計、降雨計、雪尺(ゆきしゃく)、雪板、日照計、日射計、蒸発計などさまざまな測器がセットされる。日照や日射が建物で遮られないよう、近くに建物があるときは露場はその南側とする。取り付ける測器は、互いにじゃまになったり測定値に影響を与えないよう配置する。このためには、露場の形は正方形に近い長方形か、円形が都合がよい。あまり広くないときは、周りの影響を受けやすい雨量計や風向風速計と、太陽の陰にならない日照計の位置をまず決める。気温への陰と日なたの影響は大きくない。犬などや無用の人が入らないよう、周りに柵(さく)をつくる。粗い金網にすれば風通しがよい。芝草を植えると雨の跳ね返りを防ぐばかりでなく、美観にも役だつ。遠隔測器を使用するには、あらかじめケーブル用のトラフ(樋(とい))を埋めておくのがよい。また夜間観測には、屋外灯があると便利である。[篠原武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露場の関連キーワード雨量計乾湿球湿度計最高温度計最低温度計熱量計金属温度計湿球温度計乾球温度計地中温度計鉄管地中温度計

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

露場の関連情報