コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木文教 あおきぶんきょう

3件 の用語解説(青木文教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木文教
あおきぶんきょう

[生]1886.9.28. 滋賀
[没]1956.11.7. 東京
ダライ・ラマ 13世 (→トゥプテンギャツォ ) 治下のチベットに留学したチベット学者。大谷光瑞に抜擢され,ロンドンに留学。帰途チベット使節ツワ・ティトゥル師を日本に案内。 1912年9月から 16年1月までデプン寺とラサのプンカン家に滞在,帰国後『西蔵遊記』 (1920) を著わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木文教 あおき-ぶんきょう

1886-1956 大正-昭和時代のチベット学者。
明治19年9月28日生まれ。西本願寺大谷光瑞(こうずい)にえらばれてチベットにわたり,ダライ=ラマ13世の弟子となる。昭和26年東大のチベット語講師。昭和31年11月7日死去。70歳。滋賀県出身。仏教大(現竜谷大)中退。著作に「西蔵遊記」「西蔵文化の新研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あおきぶんきょう【青木文教】

1886‐1956(明治19‐昭和31)
チベット学者。滋賀県安曇川浄土真宗本願寺派正福寺出身。法主大谷尊由に抜擢(ばつてき)され,1912‐16年チベットに滞在,ダライ・ラマ13世の弟子として11世の生家に寄宿してチベット語学や歴史,その他文化一般を研究,帰国後《西蔵遊記》《西蔵文化の新研究》《Study of Tibetan Chronicle》を著し,晩年東京大学講師としてチベット語を教えた。【山口 瑞鳳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青木文教の関連キーワード滋賀県高島市安曇川町青柳滋賀県高島市安曇川町川島滋賀県高島市安曇川町北船木滋賀県高島市安曇川町末広滋賀県高島市安曇川町田中滋賀県高島市安曇川町常磐木滋賀県高島市安曇川町長尾滋賀県高島市安曇川町中野滋賀県高島市安曇川町横江浄土真宗本願寺派

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone