コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木文教 あおきぶんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木文教
あおきぶんきょう

[生]1886.9.28. 滋賀
[没]1956.11.7. 東京
ダライ・ラマ 13世 (→トゥプテンギャツォ ) 治下のチベットに留学したチベット学者。大谷光瑞に抜擢され,ロンドンに留学。帰途チベット使節ツワ・ティトゥル師を日本に案内。 1912年9月から 16年1月までデプン寺とラサのプンカン家に滞在,帰国後『西蔵遊記』 (1920) を著わす。その後ところを得ず,第2次世界大戦中は司政官として南方に勤務し,戦後は外務省,連合軍関係で情報事務に服した。 51年以後東京大学講師としてチベット語を教え,晩年"Study of Tibetan Chronicles"を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木文教 あおき-ぶんきょう

1886-1956 大正-昭和時代のチベット学者。
明治19年9月28日生まれ。西本願寺の大谷光瑞(こうずい)にえらばれてチベットにわたり,ダライ=ラマ13世の弟子となる。昭和26年東大のチベット語講師。昭和31年11月7日死去。70歳。滋賀県出身。仏教大(現竜谷大)中退。著作に「西蔵遊記」「西蔵文化の新研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あおきぶんきょう【青木文教】

1886‐1956(明治19‐昭和31)
チベット学者。滋賀県安曇川町浄土真宗本願寺派正福寺出身。法主大谷尊由に抜擢(ばつてき)され,1912‐16年チベットに滞在,ダライ・ラマ13世の弟子として11世の生家に寄宿してチベット語学や歴史,その他文化一般を研究,帰国後《西蔵遊記》《西蔵文化の新研究》《Study of Tibetan Chronicle》を著し,晩年東京大学講師としてチベット語を教えた。【山口 瑞鳳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青木文教の関連キーワード昭和時代多田等観

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android