コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青物市 アオモノイチ

デジタル大辞泉の解説

あおもの‐いち〔あをもの‐〕【青物市】

野菜類を競り売りする卸場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あおものいち【青物市】

野菜類の取引を専門とする市。消費者を対象とするものと,仲買・小売を対象にするものがある。前者は都市周辺の農民が直接都市へ生産物を持ち出して一定の場所に集まり,短時間に売買するものが多い。後者は出荷者が問屋に販売を委託するもので,大都市に多く見られ,大量の取引が行われる。ふつう青物市,青物市場という場合には後者をさしている。歴史的には前者から後者へ発展したものが多い。近世には大坂の天満,京都の八百屋町,名古屋の枇杷島の青物市場,江戸では三場所といわれた神田,千住,駒込の青物市場が著名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

青物市の関連キーワードコロンボ(スリランカ)大阪府大阪市北区天満松島庄五郎(初代)東京都中央区京橋神田(東京都)京橋(東京都)西枇杷島[町]市場(いちば)木村 政次郎符丁(符牒)東京市政疑獄木村政次郎青果物市場天満青物市神田青物市やっちゃ場石山本願寺神田須田町フェンロ実物取引

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android