コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍手町 くらて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍手〔町〕
くらて

福岡県北部,遠賀川中流域にある町。直方平野の北部に位置する。 1955年剣 (つるぎ) 町と西川,古月 (ふるつき) の2村が合体して発足。沖積平野が開け,かつては米作を主とする農村であったが,明治中期に炭鉱が開かれて急速に発展。最盛時の 55年には炭鉱数約 20,人口3万をこえる石炭の町となった。エネルギー革命によって 64年大手の炭鉱が閉山。現在は北九州市に近いため産炭地域振興事業が順調で,プレハブ住宅,電機,金属,機械などの企業が立地。住宅地化が進む一方,ブドウ栽培,養鶏なども行われる。重要文化財の不動明王像のある円清寺,同十一面観音像のある長谷寺,史跡の古月横穴がある。南部を九州自動車道が通る。面積 35.6km2(境界未定)。人口 1万6007(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鞍手町の関連キーワード福岡県鞍手郡鞍手町上木月福岡県鞍手郡鞍手町新延福岡県鞍手郡鞍手町弥生福岡県鞍手郡鞍手町八尋福岡県鞍手郡鞍手町木月福岡県鞍手郡鞍手町猪倉福岡県鞍手郡鞍手町永谷福岡県鞍手郡鞍手町中山福岡県鞍手郡鞍手町古門福岡県鞍手郡鞍手町長谷福岡県鞍手郡鞍手町新北福岡県鞍手郡鞍手町小牧福岡県鞍手郡鞍手町室木上野英信さん福岡県鞍手郡門倉剪断工業遠賀町の要覧鞍手町の要覧鞍手(町)伊藤常足

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鞍手町の関連情報