コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓非 カンピ

4件 の用語解説(韓非の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぴ【韓非】

[?~前233ころ]中国、戦国時代末期の思想家。韓の公子。荀子(じゅんし)に師事し、法家の思想を大成した。韓の使者として秦(しん)に赴くが、李斯(りし)の讒言(ざんげん)により投獄され、獄中死する。韓非子。→韓非子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんぴ【韓非】

?~前233) 中国、戦国時代末の思想家。韓の公子として生まれ、荀子じゆんしの性悪説を学んで法家思想を理論的に大成し、秦の始皇帝に大きな影響を与えた。秦に使いした時、秦の宰相で同学の李斯りしの讒言ざんげんにあい、獄中で服毒自殺した。韓非子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓非
かんぴ

韓非子」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓非
かんぴ
(?―前233)

中国、戦国時代最末期の代表的法家思想家。韓の諸公子の一人。吃音(きつおん)で弁説は不得意であったが、著述に優れた。李斯(りし)とともに荀子(じゅんし)に学んだという。秦(しん)からの攻撃に際して韓の使者として秦に赴いたが、李斯にねたまれ、獄中で自殺させられて生涯を終える。自国の窮乏を憂え、韓王を書面でいさめたが採用されず、現実の分析と対策についての優れた著述を残した。進歩的歴史観をとる彼は、昔は道徳が通用したが現在は気力の時代であるとして、儒家的徳治を時代錯誤であると批判する。君臣関係は相互信頼ではなく利害打算的なものであるとして、君主は自己の胸中の意図や好悪すら外に表さない無為虚静の態度を術として臣下を操縦し、また主観的、偶然的な智(ち)や信によらず、客観的、必然的な法や勢による職務(名)と業績(形)の一致を求める形名(けいめい)参同や信賞必罰といった実務本位の政治の実行を主張した。こうして彼は君主権強化、中央集権化の方策として、商鞅(しょうおう)の法、申不害(しんふがい)の術、慎到(しんとう)の勢の思想を継承し総合したとされる。また富国強兵には無益な商工の民や学者を抑圧し、平和時には耕作して富を生み戦時には外敵と戦う耕戦の民を重視すべきことを強調して、重農抑商政策を主張する。人間観は、荀子の影響によるものか性悪説的で、人の自主的向上や善意といった「適然(たまたま)の善」に期待せず、いかなる悪人も悪をなしえないよう厳罰主義の「必然の道」の実行を主張する。[澤田多喜男]

韓非子

著作は、彼の名に託せられた『韓非子』55篇(へん)が現存するが、彼の自著と確認されるものは少ない。『史記』では孤憤・五蠹(ごと)・内儲説(ちょぜい)・外儲説・説林(ぜいりん)・説難の諸篇を彼の著作とするが、確かではない。容肇祖(ようちょうそ)(1897―1994)・木村英一(1906―1981)の文献学的研究によれば、共通して自著と認めるのは、孤憤・姦劫弑臣(かんごうししん)・五蠹・顕学の4篇にすぎない。このほか木村は説難、和氏の2篇を、容は難篇ほか10余篇を自著と推定している。なお術の思想には道家の影響があるとされ、『韓非子』にも『老子』とかかわる解老・喩老(ゆろう)の2篇が収められている。[澤田多喜男]
『容肇祖著『韓非子考證』(1934・上海商務印書館) ▽木村英一著『法家思想の研究』(1944・弘文堂/1998・大空社) ▽田中耕太郎著『法家の法実証主義』(1947・福村書店) ▽小野澤精一著『法家思想』(『講座東洋思想 第4巻』所収・1967・東京大学出版会) ▽板野長八著『中国古代における人間観の展開』(1972・岩波書店) ▽小野澤精一訳注『全釈漢文大系20・21 韓非子』上下(1975、1978・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の韓非の言及

【韓非子】より

…中国,戦国末の思想家韓非(?‐前234?)の言説を集めた書。20巻55編。…

※「韓非」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

韓非の関連キーワードウル第3王朝バビロン第1王朝平王先・前全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王ファビウスフィリッポスタレントゥム前田町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

韓非の関連情報