コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音戸瀬戸 おんどのせと

2件 の用語解説(音戸瀬戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音戸瀬戸
おんどのせと

広島県南西部,呉市の警固屋 (けごや) と倉橋島との間の水路。かつて平清盛が沈む太陽を呼び戻して1日で開削したと言い伝えられるところ。幅約 90m。広島湾安芸灘をつなぐ水路中最も狭く,潮流は最大 4ktにも達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おんどのせと【音戸瀬戸】

広島県呉市街と倉橋島の音戸町との間の海峡。最狭部90メートル ほどの、潮流の急な水路。平清盛の開削と伝える。1961年(昭和36)音戸大橋が架かる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音戸瀬戸の関連キーワード音戸[町]音戸大橋音戸〈町〉広島県安芸郡熊野町広島県呉市警固屋広島県呉市警固屋町広島県呉市幸町広島県呉市清水千恵盛白天龍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone