音戸瀬戸(読み)おんどのせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音戸瀬戸
おんどのせと

広島県南西部,呉市の警固屋 (けごや) と倉橋島との間の水路。かつて平清盛が沈む太陽を呼び戻して1日で開削したと言い伝えられるところ。幅約 90m。広島湾安芸灘をつなぐ水路中最も狭く,潮流は最大 4ktにも達する。広島-松山航路など船舶の通過量が多い。 1961年音戸大橋 (橋長 172m,幅 6m,水面からの高さ 23.5m) の完成により,橋を中心として展望台国民宿舎などが設けられた。倉橋島北部の海岸に清盛塚がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おんどのせと【音戸瀬戸】

広島県呉市街と倉橋島の音戸町との間の海峡。最狭部90メートル ほどの、潮流の急な水路。平清盛の開削と伝える。1961年(昭和36)音戸大橋が架かる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音戸瀬戸の関連情報