コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音戸瀬戸 おんどのせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音戸瀬戸
おんどのせと

広島県南西部,呉市の警固屋 (けごや) と倉橋島との間の水路。かつて平清盛が沈む太陽を呼び戻して1日で開削したと言い伝えられるところ。幅約 90m。広島湾安芸灘をつなぐ水路中最も狭く,潮流は最大 4ktにも達する。広島-松山航路など船舶の通過量が多い。 1961年音戸大橋 (橋長 172m,幅 6m,水面からの高さ 23.5m) の完成により,橋を中心として展望台国民宿舎などが設けられた。倉橋島北部の海岸に清盛塚がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おんどのせと【音戸瀬戸】

広島県呉市街と倉橋島の音戸町との間の海峡。最狭部90メートル ほどの、潮流の急な水路。平清盛の開削と伝える。1961年(昭和36)音戸大橋が架かる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

音戸瀬戸の関連キーワード海峡音戸瀬戸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音戸瀬戸の関連情報