コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音義説 おんぎせつ

5件 の用語解説(音義説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音義説
おんぎせつ

五十音図の各音,もしくは各行の音にはそれぞれ固有の意義があるとみて,その観点から単語の意味や語源の説明をしようとする考え。各行に意義ありとする一行一義説平田篤胤鈴木重胤など,各音に意義ありとする一音一義説は橘守部,堀秀成などと,おおまかに分類することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おんぎ‐せつ【音義説】

国語の各音、また五十音図の各行の音に固有の意義を認めて語義を説き、語源解釈をしようとする説。平田篤胤(ひらたあつたね)などにより、主に江戸時代に唱えられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

音義説【おんぎせつ】

江戸時代に行われた語源説の一つ。語の一つ一つの音や五十音図の各行に固有の意味があるとする。悉曇(しったん)学の影響を受けて生まれた。中国では先秦時代から独自に同音ないし近似音等を借りて語義を説くことが行われていた。
→関連項目音義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おんぎせつ【音義説】

一音一音に固有の意義ありとして語源を説こうとする説。仏典の五十字門や四十二字門の字義説では,たとえば,アは無常の義であるという。これはa‐nityaに結びつけた一種の語源俗解であるが,インド古来の伝統的手法として精緻な語源学,文法学成立の基礎となった。日本の音義説は悉曇(しつたん)学の影響によるとされるが,中国ではすでに先秦時代から独自に〈声訓〉が散見される。これは同音ないしは近似音等を借りて語義を説くものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんぎせつ【音義説】

語の一つ一つの音、あるいは五十音図の各行の音が、固有の意味をもつとする説。江戸時代に盛んに主張され、語義や語源の説明に使われた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音義説の関連キーワード異音音義お・も・て・な・し一音一義説大道廃れて仁義ありイムヌス文字言葉一音深恵第一音波

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone