コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠坂峠 かごさかとうげ

4件 の用語解説(籠坂峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

籠坂峠
かごさかとうげ

山梨県山中湖村と静岡県小山町の境にある峠。標高 1104m。古くから甲府盆地東海地方を結ぶ交通の要衝で,中世には鎌倉往還が通り,沼津方面から塩や魚類,甲斐から木材などを輸送。近世以後は富士川水運の開通によって重要性は薄れたが,郡内地方では日用品もこの峠越しに運ばれ,明治末期から昭和初期までは峠と富士吉田市の吉田との間を鉄道馬車トロッコが走っていた。現在国道 138号線が通り,東名高速道路から富士五湖方面に入る観光客の通行が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かごさか‐とうげ〔‐たうげ〕【籠坂峠】

山梨・静岡の県境にある峠。標高1104メートル富士山東麓、山中湖南岸の旭ヶ丘南部にあり、須走(すばしり)・御殿場などを通る旧鎌倉往還(現在の国道138号)の一部。箱根富士五湖周辺の観光ルート中、重要な位置を占める。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かごさかとうげ【籠坂峠】

富士山の東麓,山中湖の南方にある峠で,静岡県小山町と山梨県山中湖村の境に位置する。標高1100m。旧鎌倉往還(沼津往還)が通じ,古くから駿河と甲斐を結ぶ重要な通路であった。近世の富士川水運や明治中ごろからの国鉄(現JR)御殿場線,中央線の開通により交通路としての意義は薄れていたが,近年国道138号線として整備された。東名高速道路の御殿場インターチェンジを経て富士五湖方面に至る観光道路として車の通行が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕籠坂峠(かごさかとうげ)


山梨県南東部、山中(やまなか)湖南側の尾根筋を越える峠。標高約1100m付近を旧鎌倉往還(国道138号)が切り通しで抜ける。富士五湖と御殿場(ごてんば)・箱根(はこね)方面を結び、通行量は多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone