コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭脳流出 ズノウリュウシュツ

3件 の用語解説(頭脳流出の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ずのう‐りゅうしゅつ〔ヅナウリウシユツ〕【頭脳流出】

知的能力の高い人々が、より良い研究環境や労働条件の得られる外国へ移住すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ずのうりゅうしゅつ【頭脳流出】

頭脳流出は移民の一形態で,高度の教育を受けた労働力の国外移住を意味する,主としてジャーナリズムでの用語である。その定義および概念はまだ確立されておらず,学問的実証的研究も少なく,頭脳流出の原因,本国と受入れ国における影響についても,いくつかの個別研究が限られた範囲であるにすぎない。頭脳流出が国際的問題とされはじめたのは,1960年代半ばに第三世界経済開発問題との関係においてであった。アジアアフリカの新生独立国にとって科学者,技術者,そして開発計画の専門家の養成は緊急の課題とされ,多くの学生が先進国の学術研究所,大学に留学した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ずのうりゅうしゅつ【頭脳流出】

優秀な研究者などが、活動の拠点を外部に移すこと。ブレーン-ドレイン。 「 -現象」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭脳流出の関連キーワード個別販売再教育頭脳頭脳労働専攻科コーペラチーブ電子頭脳ホームスクール公衆栄養教育米国の不法移民対策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭脳流出の関連情報