頭脳流出(読み)ズノウリュウシュツ

世界大百科事典 第2版の解説

ずのうりゅうしゅつ【頭脳流出】

頭脳流出は移民の一形態で,高度の教育を受けた労働力の国外移住を意味する,主としてジャーナリズムでの用語である。その定義および概念はまだ確立されておらず,学問的実証的研究も少なく,頭脳流出の原因,本国と受入れ国における影響についても,いくつかの個別研究が限られた範囲であるにすぎない。頭脳流出が国際的問題とされはじめたのは,1960年代半ばに第三世界の経済開発問題との関係においてであった。アジア,アフリカの新生独立国にとって科学者,技術者,そして開発計画の専門家の養成は緊急の課題とされ,多くの学生が先進国の学術研究所,大学に留学した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ずのうりゅうしゅつ【頭脳流出】

優秀な研究者などが、活動の拠点を外部に移すこと。ブレーン-ドレイン。 「 -現象」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭脳流出の関連情報