コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛天 ヒテン

6件 の用語解説(飛天の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐てん【飛天】

空中を舞って仏をたたえ、仏の世界を守る天人・天女。

ひてん[人工衛星]

平成2年(1990)1月に打ち上げられた工学実験衛星MUSES-A(ミューゼスエー)の愛称。名称は空中を舞う天人、飛天にちなむ。宇宙科学研究所(現JAXA(ジャクサ))が開発。衛星の制御、月のスイングバイ実験、地球の空力ブレーキ実験、同衛星と孫衛星はごろもの月周回軌道への投入などに成功。平成5年(1993)4月に運用を終了し、月面に落下した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛天【ひてん】

仏教美術において,本尊の周囲を飛びながら舞い,あるいは音楽を奏する天人,天女。彫刻では,仏像の光背や天蓋に付けられる。法隆寺金堂壁画法隆寺献納宝物の灌頂幡(かんぢょうばん),薬師寺東塔の水煙のものが名高く,平等院鳳凰堂の木彫雲中供養菩薩も飛天の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひてん【飛天】

一般には虚空を飛ぶ天人のこと。ことに仏教において,仏(如来)の浄土の空中を飛びながら天の花を散らし,あるいは天の音楽を奏し,あるいは香を薫じて仏を讃える天人を意味する。天人のほかに菩薩も仏の徳を讃嘆して虚空に舞うが,日本ではそれを区別せず,いずれも飛天の名で呼び,多く女性像で表されるため天女とも呼ばれる。仏教の初期から表現されており,作例が見いだせる地域は仏教が普及した全域に及ぶ。インド地方では,サーンチー大塔東門の浮彫をはじめとして,ガンダーラマトゥラーなどに作例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひてん【飛天】

〘仏〙 天界に住み、仏を守りたたえる天人・天女のこと。空中に舞うことからいう。光背や天蓋てんがいに彫られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛天
ひてん

天衣(てんね)をまとい空中を飛行する天人。エジプトやメソポタミアに生まれ、ギリシア、ローマへと展開する有翼の神々(勝利の女神ニケや恋の神キューピッドなど)に対して、東洋では翼をもたない飛天が創造された。その発生の地はインドとされている。西方の飛天が、おもに裸体中心の表現、つまりギリシア的な肉体賛美にあったのに対して、東洋、ことに中国では、装飾的な天衣に関心が寄せられた。敦煌(とんこう)から雲崗(うんこう)、さらに天竜山へと、しだいに中国的な視覚が浸透していくにつれて、この傾向が明らかになる。日本では、法隆寺金堂天蓋(てんがい)の飛天、東京国立博物館の金銅透彫灌頂幡(すかしぼりかんじょうばん)の飛天などは、いずれもこの流れをくむ古式の飛天である。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飛天の言及

【文様】より

…また空中を飛行する人物というモティーフは,エジプトや西アジアに有翼の精霊としてはじまり,中央アジアまで東伝した。一方,インドでは領布(ひれ)をひるがえし,手足を泳ぐように動かして飛ぶ飛天が誕生し,仏教美術とともに東伝し,西域では西アジア系の有翼像との融合もみられた。中国では,すでに漢代以来,神仙世界の神人が翼をつけて飛ぶ姿をみせていたが,南北朝時代に西方から入った飛天を採用し,雲中を飛ぶ姿に変容されてゆき,唐朝には天衣をひるがえして飛ぶ優雅な天女(人)の姿が完成した。…

※「飛天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飛天の関連キーワード天飛ぶ天飛ぶや天の羽衣虚空を摑む空飛ぶ鳥も落とす宙を飛ぶ飛ぶ鳥快翔虚空を掴むフライトエリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛天の関連情報