コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥浄御原律令 あすかのきよみはらりつりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥浄御原律令
あすかのきよみはらりつりょう

天武天皇のとき制定された古代の法令で,は 22巻,の巻数は不明。天武 11 (682) 年編纂に着手,持統3 (689) 年施行され,文武天皇の大宝2 (702) 年『大宝律令』の施行まで続いた。先行の『近江令』との関係は不明な点が多いが,大化改新以来の法令,制度,中国の法令,制度を参照したものとされる。現存はせず,『日本書紀』などから断片的に復元されるにすぎないが,『大宝律令』の基礎となったといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あすかきよみはら‐りつりょう〔‐リツリヤウ〕【飛鳥浄御原律令】

天武天皇10年(681)編集を命じ、持統天皇3年(689)に施行した法令。令22巻は大宝律令の基礎となった。律は巻数・施行時期とも不明。浄御原令(きよみはらりょう)。→律令

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

飛鳥浄御原律令【あすかきよみはらりつりょう】

飛鳥浄御原令

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あすかきよみはらりつりょう【飛鳥浄御原律令】

七世紀後半の基本法令。天武天皇の命により681年に編纂が開始された。律・令とも現存しないが、令二二巻は持統天皇が689年に施行したと伝える。律の巻数や、施行されたかどうかについては不明。のちの大宝律令の基礎となった。浄御原律令。浄御原令。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥浄御原律令
あすかきよみはらりつりょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android