コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯舘村 いいたて

2件 の用語解説(飯舘村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯舘村
いいたて

福島県北東部,阿武隈高地にある村。 1956年飯曽 (いいそ) 村と大舘 (おおだて) 村が合体して成立。飯館とも綴る。農林業が主産業。タバコの栽培,米作,牧畜も行う。古くから馬産が盛んで馬市でにぎわったが,第2次世界大戦後は衰退し,肉牛,乳牛の飼育が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飯舘村

人口約6200人。村役場福島第一原発から約40キロ離れているが、同村長泥では3月23日から8日までの積算放射線量が7・83ミリシーベルトと高くなっている。山林が4分の3を占める。特産品の「飯舘牛」で知られる。

(2011-04-11 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飯舘村の関連キーワード阿武隈高地中通り阿武隈山地二本松[市]保原[町]梁川[町]霊山[町]福島県伊達郡川俣町月舘〈町〉阿武隈ライン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯舘村の関連情報