コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養毛剤(読み)ヨウモウザイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

養毛剤
ようもうざい

発毛を促進したり毛髪の成長を速めたりすることを目的とし、その有効成分としてビタミン剤、アミノ酸製剤、女性ホルモン、塩化カルブロニウム、ニンニクエキス、ヒノキチオールなどを配合した剤をいう。一般用医薬品または医薬部外品として市販され、広く使用されているが、医療用医薬品としてはかならずしもその効果は認められていない。いわゆる養毛剤として知られるヘアローションは、清涼感と芳香を主目的としてエタノールに香料を配合したものであり、ヘアトニックは、エタノールを主剤としたヘアローションに、前述のような成分を含有する発毛促進剤や殺菌剤を配合したものである。
 純粋の発毛剤にミノキシジルがある。ミノキシジルはベルギーのアップジョン社(現、ファイザー)で開発された血圧降下剤で、これを服用した患者のほとんどで異常発毛を認めたことから、発毛剤としての開発がなされ、アメリカのファルマシア・アップジョン社(現、ファイザー)が1988年医薬品として承認を受け、ヒット商品となり、世界各国で販売されている。日本では1999年(平成11)6月ライセンス契約を取得した大正製薬より「リアップ」という名称で発売された。一般用医薬品で、処方箋(しょほうせん)なしで購入できる。ミノキシジル1%含有の外用液剤である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android