養賢堂(読み)ヨウケンドウ

大辞林 第三版の解説

ようけんどう【養賢堂】

仙台藩主伊達吉村により、1737年に創設された藩校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

養賢堂
ようけんどう

仙台藩の藩学。1736年(元文1)城下三番町に学問所を創設、明倫館養賢堂と称した。宝暦(ほうれき)年中(1751~64)一番町へ移転、拡張、1759年(宝暦9)「養賢堂」と改め、藩主伊達重村(だてしげむら)親書の額が掲げられた。1777年(安永6)聖像を安置し盛況を呈す。1808年(文化5)学舎改築の建白を機に、大槻清準(おおつききよのり)ら立案の周代明堂の古制にのっとる大規模な計画が採用され、17年講堂が竣工(しゅんこう)、さらに先聖殿、学寮、学監居宅を建設、剣槍(そう)術教場、柔術教場、蔵版・印刷所、書籍板木(はんぎ)蔵、調練所などを整え威容を誇った(1945年戦災により焼失)。学田1万2000石を付して経営。藩士に儒学中心に文武両道を授けた。また嘉永(かえい)・安政(あんせい)期(1848~60)に日講所を設け、農商に俗語による講釈を行った。[木槻哲夫]
『文部省編・刊『日本教育史資料1 巻3 東山道』『日本教育史資料1 巻3 附図』(1889) ▽八幡堂太郎「仙台藩と養賢堂」(宇野哲人編『藩学史談』所収・1943・文松堂書店) ▽城戸久著『藩学建築』(1945・養徳社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ようけん‐どう ヤウケンダウ【養賢堂】

仙台藩の藩校。元文元年(一七三六)五代藩主伊達吉村の創設。学科は漢学・習字・算術・魯学・蘭学・歌学・習礼・剣術・槍術・兵学の多数にわたり、規模や内容において当時の藩校の代表的なもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

養賢堂の関連情報