コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首相補佐官 シュショウホサカン

3件 の用語解説(首相補佐官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅしょう‐ほさかん〔シユシヤウホサクワン〕【首相補佐官】

内閣総理大臣補佐官

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

首相補佐官

内閣の重要政策について首相に直接、助言することができる。官邸機能強化策の一環として96年に設けられ、01年に3人から5人に増員された。橋本内閣で水野清・元総務庁長官が行政改革担当に、外交評論家の岡本行夫氏が沖縄問題担当の補佐官に就任したのが最初。安倍首相は国家安全保障、拉致、教育再生、経済財政、広報の補佐官5人を起用しており、うち4人は国会議員を充てた。

(2007-04-06 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首相補佐官
しゅしょうほさかん

内閣の重要政策の助言など首相を補佐するスタッフ。首相の指導力強化を図るのがねらい。阪神・淡路大震災を機に補佐機能強化策として、1996年(平成8)6月の内閣法改正により首相補佐官制度が発足した。細川政権になって、衆院議員の田中秀征(しゅうせい)が首相特別補佐に任命されるなどの動きはあったものの、長い間、首相を補佐する内閣官房には、政治的に任用されるものは官房長官と官房副長官しかおらず、スタッフの充実を望む首相が多かった。内閣法改正で創設された首相補佐官制度では、内閣官房に3人(常勤または非常勤)を限度として補佐官を置くことができ、補佐官は内閣の重要政策について首相に進言したり、首相の指示を受けて意見を具申する。橋本内閣では2人の補佐官(非議員)を任命、元総務庁長官の水野清を行政改革担当、元外務省北米一課長の岡本行夫を沖縄問題担当とした。さらに99年7月の中央省庁等改革関連法成立により、定数の上限が5人となった。首相を補佐するという点では、2001年の中央省庁改編で内閣府が強化された。内閣官房長官、副長官3人にくわえて副大臣3人、特命担当大臣(経済財政政策担当大臣など)、それに経済財政諮問会議など重要政策に関する会議が四つも設置され、首相の補佐機構が一段と強化されることになった。[水野雅之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

首相補佐官の関連キーワード首相閣議決定内閣府内閣情報調査室重要政策会議重要政策に関する会議内閣官房副長官補内閣府参与宇宙政策委員会内閣広報官

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首相補佐官の関連情報