コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒井卓(読み)こまいたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒井卓
こまいたく

[生]1886.5.9. 姫路
[没]1972.7.9. 京都
遺伝学者。東京高等師範学校で丘浅次郎の指導を受け,東京帝国大学動物学科 (選科) 卒業 (1917) 。欧米に留学 (1923~25) し,T. H.モーガンのもとで遺伝学を学ぶ。京都大学教授 (1925~46) ,同名誉教授,国立遺伝学研究所部長 (1950~56) ,日本学士院会員。主著『日本人の遺伝』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

駒井卓【こまいたく】

動物学者,遺伝学者。東大動物学選科修了,京大名誉教授。腔腸動物の分類,ショウジョウバエや双生児による遺伝学を研究し,日本における集団遺伝学の確立に貢献した。著書に《日本人の遺伝》《遺伝学に基づく生物の進化》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒井卓 こまい-たく

1886-1972 大正-昭和時代の遺伝学者。
明治19年5月9日生まれ。コロンビア大のモーガンにショウジョウバエの遺伝学をまなぶ。大正14年京都帝大教授。昭和24年国立遺伝学研究所部長。日本遺伝学会会長などもつとめた。人類遺伝学,集団遺伝学の研究で知られる。昭和47年7月9日死去。86歳。兵庫県出身。東京高師卒。旧姓は福田。著作に「遺伝学に基づく生物の進化」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こまいたく【駒井卓】

1886‐1972(明治19‐昭和47)
遺伝学者。姫路市の生れ。旧姓福田。1908年東京高等師範学校,17年東京帝国大学理学部動物学科選科卒。20年京都大学助教授,25年同教授。のち国立遺伝学研究所生理遺伝部長。1923年よりコロンビア大学に留学,T.H.モーガンに学び,ショウジョウバエ遺伝学を日本へ導入。人類遺伝に関心を示し,日本人の遺伝的特性について研究。また集団遺伝学の先駆的研究も行う。日本の遺伝学界をつくりあげた一人。【鈴木 善次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こまいたく【駒井卓】

1886~1972) 遺伝学者。姫路市生まれ。京大教授。動物系統学・人類遺伝学・集団遺伝学の研究に貢献。著「遺伝学に基づく生物の進化」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒井卓
こまいたく
(1886―1972)

日本におけるショウジョウバエの遺伝学や人類遺伝学の草分け的存在の一人。兵庫県姫路市生まれ。姫路中学から東京高等師範学校博物学科を卒業、1917年(大正6)東京帝国大学理学部動物学科選科修了。1920年京都帝国大学理学部助教授となり、その後、アメリカのコロンビア大学のモーガンの下でショウジョウバエの研究を行い、日本におけるこの分野の研究の端緒を開いた。京都大学教授、同理学部長、東京大学教授をも兼任。日本学士院会員、日本学術会議会員、日本遺伝学会長も務め、国立遺伝学研究所部長として、設立まもない同研究所の基礎確立に大きな役割を果たした。甲殻綱口脚類や腔腸(こうちょう)動物のクシクラゲ類、原索動物などの分類学、発生学の研究や、チョウ、ショウジョウバエ、テントウムシなどの昆虫やカタツムリ、ネコさらにはヒトの細胞学および遺伝学的研究に大きな貢献をした。著書に『日本人を主とした人間の遺伝』(1951)、『人類を主とした遺伝学』(1952)、『遺伝学に基づく生物の進化』(1963)、『人類の遺伝学』(1966)など多数がある。[黒田行昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android