コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高度先進医療 こうどせんしんいりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高度先進医療
こうどせんしんいりょう

通常の診療水準を超えた,先進の医療のこと。健康保険で認められない特殊な治療検査が多く,患者の経済的負担が大きい。そのため,1984年 10月からの健康保険法改正で,都道府県知事の承認を受けた医療機関 (特定承認医療機関という) で,厚生大臣の承認を受けている「高度先進医療」を受けた場合,その治療に要した費用のうち,診察・検査・投薬・入院料など一般の保険診療と共通の部分は保険で給付し,それを超えた先進的技術部分については患者負担とすることになった。当初癌の温熱療法白内障のレーザー手術などから始まったが,病院が常時申請し,承認されれば増え,また,医療費改定で保険に適用されると外されるので変動が激しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高度先進医療

医療保険の適用になっていない先端的な治療のうち、厚生労働省が認めたもの。現在承認されている治療は、がん粒子線治療遺伝子診断など109種類。条件を満たした医療機関を受診すると、治療費用は全額自己負担するが、そのほかの検査や入院費は「特定療養費」として保険給付の対象になる。

(2006-01-23 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうど‐せんしんいりょう〔カウドセンシンイレウ〕【高度先進医療】

保険診療の適用されない先進医療を用いた療養のこと。昭和59年(1984)に導入された特定療養費制度によって、患者は先進医療費を全額負担し、それに併用して必要な通常の診察・検査・投薬・入院費などは保険給付の対象となった。平成18年(2006)健康保険法の一部改正で改編され、先進医療に統合された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高度先進医療【こうどせんしんいりょう】

大学病院などの特定機能病院を中心に研究・開発が行われている,難病治療のための新しい治療法や手術法のうち,厚生省が〈高度先進医療〉として認めたもの。高度な医療技術を要する治療法の研究費を国が補助することを目的に,1984年に導入された。
→関連項目インプラント

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうどせんしんいりょう【高度先進医療】

厚生労働大臣により承認された先進性の高い治療。健康保険の適用外だが、付随する基礎的な治療には保険が適用される。1984年(昭和59)制度化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高度先進医療の関連キーワード小泉内閣での医療の規制緩和高度先進医療特約特定療養費制度富国生命保険厚生労働大臣医療費用保険混合診療裁判人工膵臓混合診療医療保険

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高度先進医療の関連情報