コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋健自 たかはし けんじ

美術人名辞典の解説

高橋健自

文学博士・考古学者。昭和4年(1929)歿、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかはし‐けんじ【高橋健自】

[1871~1929]考古学者。宮城の生まれ。東京帝室博物館に勤務して古墳時代埴輪などの研究に貢献。著「鏡と剣と玉」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高橋健自【たかはしけんじ】

考古学者。仙台藩士の家に生まれる。東京高師で三宅米吉に師事,のち東京帝室博物館に勤務。考古学会の運営に尽力するとともに古墳文化の研究に貢献。著書《鏡と剣と玉》《銅鉾銅剣の研究》《古墳と上代文化》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋健自 たかはし-けんじ

1871-1929 明治-昭和時代前期の考古学者。
明治4年8月17日生まれ。37年東京帝室博物館にはいり,鑑査官,歴史課長をつとめるかたわら考古学会を主宰して「考古学雑誌」を刊行,考古学の発展と普及につくした。昭和4年10月19日死去。59歳。宮城県出身。高等師範卒。著作に「銅鉾銅剣の研究」「日本原始絵画」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかはしけんじ【高橋健自】

1871‐1929(明治4‐昭和4)
考古学者。仙台市に生まれ,幼にして父を失い,苦学して東京高等師範学校に入学,三宅米吉の教導をうけた。1894年卒業,ただちに福井市に赴任したが,97年奈良県畝傍中学校に転任して,のちの美術学校校長正木直彦のもとにて奉職中,考古学の研究を志した。1904年,東京帝室博物館(現,東京国立博物館)学芸委員となって上京し,歴史部長三宅米吉を助けて次長の事務をとった。21年,鑑査官・歴史課長にすすみ,没年にいたるまで前後26年間,東京帝室博物館にあって,三宅の創設した日本考古学会を幹事として運営し,学界に貢献するところ大であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高橋健自
たかはしけんじ

[生]明治4(1871).8.17. 仙台
[没]1929.10.19. 東京
考古学者。東京高等師範学校卒業。古代史家三宅米吉に師事し,1904年以来東京帝室博物館に勤め,そのかたわら考古学会 (現日本考古学会) の運営に従った。古墳時代,初期歴史時代の実証的研究の基礎を築き学界に貢献した。主著『鏡と剣と玉』 (1911) ,『考古学』 (13) ,『古墳と上代文化』 (24) ,『銅鉾銅剣の研究』 (25) などのほか『高橋健自集』 (72) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

高橋健自の関連キーワード隅田八幡人物画像鏡赤星 直忠文学博士赤星直忠喜田貞吉石田茂作

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android