コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田慎吾 たかだしんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田慎吾
たかだしんご

[生]1880. 熊本
[没]1927.7.5. 奈良
大正期の児童問題研究家。大学卒業後,東京市養育院に勤め,現場で児童の養育にあたったのち,1912年渡米して児童問題を研究。帰国後は内務省に入って,国立感化院の設立に尽力。また東洋大学で社会事業講座を担当。 19年に大原社会問題研究所が設立されると,所長の高野岩之郎や,森戸辰男,大内兵衛らとともに研究員として研究活動に従事し,社会事業,特に児童福祉の科学的研究の開拓者となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田慎吾 たかだ-しんご

1880-1927 明治-大正時代の社会事業研究家。
明治13年5月1日生まれ。東京養育院の児童係をつとめ,明治45年渡米して社会事業を研究。帰国後内務省で国立感化院設立につくす。大正8年大原社会問題研究所の創立とともに幹事となり,「日本社会事業年鑑」の企画,編集に従事した。昭和2年7月5日死去。48歳。熊本県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高田慎吾

没年:昭和2.7.5(1927)
生年:明治13.5.1(1880)
大正期の児童福祉研究家,実践者。熊本県八代生まれ。東京帝大学生時代にキリスト教の信仰を得,児童保護問題を学ぶ。大学卒業後,東京市養育院児童部巣鴨分院主任となる。明治45(1912)年渡米,帰国後内務省入省,国立感化院(国立武蔵野学院)設立に貢献。大正7(1918)年内務省を辞し,大阪の石井記念愛染園社会事業職員養成所主任,翌8年,大原社会事業研究所(大原社会問題研究所)幹事となり,社会事業家の養成,啓蒙,研究に従事。近年社会福祉学の進展とともに,その業績と実証的,科学的研究法が注目されている。<著作>遺稿集『児童問題研究』(復刻,1973)

(津曲裕次)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田慎吾
たかだしんご
(1880―1927)

社会事業家。熊本県八代(やつしろ)市生まれ。東京帝国大学法科卒業。社会事業法制を専攻、社会問題に関心をもち、卒業後、東京養育院に勤務。1912年(明治45)に渡米、児童問題を研究。翌1913年帰国して、国立感化院(今日の国立武蔵野(むさしの)学院)設立に貢献、東洋大学において日本最初の社会事業講座を担当。1919年(大正8)大原社会問題研究所(大原社研。現在は法政大学内にある)創立とともに幹事となり、社会事業における理論的・科学的方法の導入を提言、実践面でもこれに貢献。関西を中心に民間社会事業にも終生かかわり続けた。[小倉襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高田慎吾の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android