コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田慎吾 たかだしんご

4件 の用語解説(高田慎吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田慎吾
たかだしんご

[生]1880. 熊本
[没]1927.7.5. 奈良
大正期の児童問題研究家。大学卒業後,東京市養育院に勤め,現場で児童の養育にあたったのち,1912年渡米して児童問題を研究。帰国後は内務省に入って,国立感化院の設立に尽力。また東洋大学社会事業講座を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田慎吾 たかだ-しんご

1880-1927 明治-大正時代の社会事業研究家。
明治13年5月1日生まれ。東京養育院の児童係をつとめ,明治45年渡米して社会事業を研究。帰国後内務省で国立感化院設立につくす。大正8年大原社会問題研究所の創立とともに幹事となり,「日本社会事業年鑑」の企画,編集に従事した。昭和2年7月5日死去。48歳。熊本県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高田慎吾

没年:昭和2.7.5(1927)
生年:明治13.5.1(1880)
大正期の児童福祉研究家,実践者。熊本県八代生まれ。東京帝大学生時代にキリスト教の信仰を得,児童保護問題を学ぶ。大学卒業後,東京市養育院児童部巣鴨分院主任となる。明治45(1912)年渡米,帰国後内務省入省,国立感化院(国立武蔵野学院)設立に貢献。大正7(1918)年内務省を辞し,大阪の石井記念愛染園社会事業職員養成所主任,翌8年,大原社会事業研究所(大原社会問題研究所)幹事となり,社会事業家の養成,啓蒙,研究に従事。近年社会福祉学の進展とともに,その業績と実証的,科学的研究法が注目されている。<著作>遺稿集『児童問題研究』(復刻,1973)

(津曲裕次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田慎吾
たかだしんご
(1880―1927)

社会事業家。熊本県八代(やつしろ)市生まれ。東京帝国大学法科卒業。社会事業法制を専攻、社会問題に関心をもち、卒業後、東京養育院に勤務。1912年(明治45)に渡米、児童問題を研究。翌1913年帰国して、国立感化院(今日の国立武蔵野(むさしの)学院)設立に貢献、東洋大学において日本最初の社会事業講座を担当。1919年(大正8)大原社会問題研究所(大原社研。現在は法政大学内にある)創立とともに幹事となり、社会事業における理論的・科学的方法の導入を提言、実践面でもこれに貢献。関西を中心に民間社会事業にも終生かかわり続けた。[小倉襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田慎吾の関連キーワード児童福祉法児童福祉施設保父児童福祉審議会児童福祉週間熊本県八代市出町国際児童福祉連合市町村児童福祉審議会児童福祉施設最低基準中央児童福祉審議会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone