コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚見 ウオミ

4件 の用語解説(魚見の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うお‐み〔うを‐〕【魚見】

魚の所在や群がり来る状況などを探知する役。また、海際の高台や櫓(やぐら)など、魚群を見張る場所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うおみ【魚見】

回遊してくる魚群の動静を,陸の小高い丘や山から監視し,海上で待機している漁船に合図をおくり,漁労を指揮する役をいう。魚群の動静を機敏に見分ける必要があるところから,漁労に熟練した者が,これに当たることが多い。魚見のほかに,タカミ,アラミ,ヤマミなどと各地で呼ばれている。魚見山には,小屋や櫓を組んで,その上から魚を監視する。漁船に合図をおくる手段として,笠を高く振りながら大声で叫んだり,またボテ,サイ,シバなどと呼ばれる採り物をもって,この動きによって漁船を指揮したり,魚群の動きを指示したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うおみ【魚見】

魚群の状況を見張ったり、出漁の合図や仕掛けた網にはいった魚を引きあげる指揮をしたりすること。また、その人や場所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魚見
うおみ

海に面する小高い所や船上で魚群の来遊や動静を監視する役目。普通は海鳥の群がりや水面の動き、風向きなどによって判断するが、経験と勘がものをいうむずかしい役目である。漁村でとくに地引網や定置網などによる共同漁が行われる場合に魚見がつくことが多く、湾内に魚群が入れば、大声で叫んだり旗などを合図として漁船や網子(あみこ)に知らせ網を入れさせる。所によっては魚見は監視役だけでなく漁労全体の指揮を務めることもある。島根県八束(やつか)郡島根町野波(松江市)で行われていた村共同のイワシ地引網の場合、交代制で務める網元(カリヤ)自身が魚見を兼ね漁の采配(さいはい)を振るった。それゆえ漁獲物の配当も一般の網子の倍が与えられた。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚見の関連キーワード魚群探知機監視哨魚群小高い内偵山見回遊魚てく・るててく・る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魚見の関連情報