鮮鮮(読み)あざあざ

精選版 日本国語大辞典「鮮鮮」の解説

あざ‐あざ【鮮鮮】

〙 (多く「と」を伴って用いる) あざやか。はっきり。くっきり。
※源氏(1001‐14頃)御法「きし方あまりひ多く、あざあざとおはせし盛りは、なかなかこの世の花のかをりにもよそへられ給ひしを」
※平家(13C前)二「文字をばゑり入れきざみ付けたりければ、浪にも洗はれずあざあざとしてぞ見えたりける」

あざあざ‐し【鮮鮮】

〘形シク〙 あざやかだ。はっきりしている。
※光悦本謡曲・賀茂(1470頃)「神の御事をあさあさしくは申さねども、あらあら一義を顕すべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鮮鮮」の解説

あざ‐あざ【鮮鮮】

[副]鮮やかなさま。はっきりとしたさま。
「大海の摺裳すりもの、水のいろはなやかに、―として」〈紫式部日記
[類語]鮮やか鮮明くっきり綺麗はっきりありありまざまざしか明らかきわやか定かさやか明瞭めいりょう分明顕著顕然歴然歴歴瞭然りょうぜん亮然りょうぜん判然画然かくぜん截然せつぜん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android