まざまざ(読み)マザマザ

デジタル大辞泉の解説

[副]
まるで目の前にあるかのようにはっきりとしているさま。ありあり。「あのときの事がまざまざとまぶたに浮かぶ」
ある事を確かな事実として、身にしみて感じるさま。はっきり。つくづく。「自分の力不足をまざまざ(と)思い知らされる」「現実の厳しさをまざまざ(と)見せつけられる」
まことしやかに。巧みに。うまうまと。
「知れてある年を―と五つ隠されし」〈浮・二十不孝・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 目の前に見るようなさま、まがう方なく明瞭であるさまを表わす語。まさしく。現実に。ありあり。
※玉塵抄(1563)一一「面欺はめの前まざまざと欺く心ぞ」
※俳諧・独こと(1718)下「まざまざといますがごとしたままつり」
② それとはっきりしていること、わかりきっていることを、まことしやかにするさまを表わす語。ぬけぬけ。
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)一「今年廿六なるを三十一になりますと、知れて有年をまざまざと五つ隠されし」
③ よくない事や意に反する事がまさしく現実になるさま。どうにもできないうちに、また、何もしないままに事が実現する場合にいう。みすみす。いたずらに。
※浮世草子・武道伝来記(1687)三「瓢箪をもって来れば、まざまざと水を飲では死(しな)ぬ物をと悔む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まざまざの関連情報