コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮮やか アザヤカ

2件 の用語解説(鮮やかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あざ‐やか【鮮やか】

[形動][文][ナリ]《「あざ」は新鮮の意》
ものの色彩・形などがはっきりしていて、目立つさま。「鮮やかな若葉の緑」「印象鮮やかな短編小説」
技術・動作などがきわだって巧みであるさま。「鮮やかな包丁さばき」
容姿などがきわだって美しいさま。
「いと―に男々しきさまして」〈・真木柱〉
鮮度が高いさま。生き生きとしたさま。
「童子、かの浦に行きて―なる鯔(なよし)八隻(はちしゃく)を買ひ取りて」〈今昔・一二・二七〉
[派生]あざやかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あざやか【鮮やか】

( 形動 ) [文] ナリ 
色や形がはっきりとしていて、美しいさま。鮮明。 「 -な画像」 「 -な色彩」 「青い空に-な虹の橋がかかる」
動作や技術が巧みで、胸がすっとするほど手際よいさま。 「 -なお手並み」 「 -な腕前を披露する」
(容姿などが)くっきりとしていて美しいさま。 「いづれとなくをかしきかたちどもなれど、なほ人にすぐれて-に清らなるものから/源氏 藤裏葉
(言動などが)きっぱりしているさま。はきはきしているさま。 「 -ならず物恨みがちなる御気色/源氏 総角
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮮やかの関連キーワード鮮らか胡散顕然蕭疎鮮明あざと・い瀟洒憫然

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鮮やかの関連情報