コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明か/清か サヤカ

デジタル大辞泉の解説

さや‐か【明か/清か】

[形動][文][ナリ]
さえて明るいさま。「星が―な光を放つ」
音・声がさえてよく聞こえるさま。
「振鈴(しんれい)の響―に聞こゆるは」〈樗牛滝口入道
さわやかなさま。爽快なさま。 秋》「瀬に入れば四方(よも)に波あり―かな/友次郎」
「―な、滑稽な会話から何とも云えず、心が清くなり」〈横光・家族会議〉
はっきりしているさま。
「誰乎彼(たそがれ)の黯黮(くらがり)にて、―に面貌(かおかたち)を弁ぜざりしが」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

明か/清かの関連キーワードアレクサンダー リアプノフペドロ サリナスニュースソーストワイライトスターライト立ち明かしガラス光沢嘆き明かす語り明かす人生劇場火点し頃突上げ窓二値画像ドーマー和田正尹加藤広明町明り明り窓書院窓明かん