コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増穂 ますほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増穂
ますほ

山梨県西部,富士川町北部の旧町域。甲府盆地の南西に位置する。1951年町制。1954年平林村,1955年穂積村を編入。2010年鰍沢町と合体して富士川町となった。西部は赤石山脈の前山である巨摩山地で,山地に続く丘陵地と扇状地では果樹栽培,東部の釜無川沿いの低地と支流の谷で米作が行なわれる。乏水地が広いため,近世以後は行商に出る者が多かった。釜無川右岸の青柳は江戸時代には駿信街道の宿場町,富士川水運の河港として繁栄。早くから機業が盛んであったが,近年は線香や木臼の製造で知られる。北西の櫛形山ハイカーが多く,金山鉱泉,小室山妙法寺がある。南アルプス巨摩県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ますほ【増穂】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増穂
ますほ

山梨県南西部、南巨摩(みなみこま)郡にあった旧町名(増穂町(ちょう))。現在は富士川(ふじかわ)町の北部を占める地域。1951年(昭和26)町制施行。1954年平林(ひらばやし)村、1955年穂積村を編入。2010年(平成22)鰍沢(かじかざわ)町と合併して富士川町となった。国道52号が通じ、町の東部に中部横断自動車道の増穂インターチェンジがある。甲府盆地の南西端に位置し、釜無(かまなし)、笛吹(ふえふき)川合流点の西側に位置する。江戸時代から明治後期まで青柳(あおやぎ)地区は隣の鰍沢とともに富士川水運の河岸(かし)として栄え、また駿信(すんしん)往還(国道52号)の宿駅でもあった。明治以降は製糸業の一中心地であり、いまでも製糸業、メリヤス業が行われる。観光地には赤石(あかいし)温泉、妙法寺などがあり、明王(みょうおう)寺の木造薬師如来(やくしにょらい)像は国指定重要文化財。[横田忠夫]
『『増穂町誌』全3巻(1976・増穂町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

増穂の関連キーワード能登リゾートエリア増穂浦山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢(山梨県の地名)中部横断自動車道大網白里(市)富士川(町)富士川[町]秋山 源兵衛秋山源兵衛2地域居住中村 栄孝熊王 徳平大網白里市神道講釈佚斎樗山4月8日米長邦雄能登金剛増穂残口大網白里

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増穂の関連情報