コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増穂 ますほ

3件 の用語解説(増穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増穂
ますほ

山梨県西部,富士川町北部の旧町域。甲府盆地の南西に位置する。1951年町制。1954年平林村,1955年穂積村を編入。2010年鰍沢町と合体して富士川町となった。西部は赤石山脈の前山である巨摩山地で,山地に続く丘陵地と扇状地では果樹栽培,東部の釜無川沿いの低地と支流の谷で米作が行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ますほ【増穂】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

増穂
ますほ

山梨県南西部、南巨摩(みなみこま)郡にあった旧町名(増穂町(ちょう))。現在は富士川(ふじかわ)町の北部を占める地域。1951年(昭和26)町制施行。1954年平林(ひらばやし)村、1955年穂積村を編入。2010年(平成22)鰍沢(かじかざわ)町と合併して富士川町となった。国道52号が通じ、町の東部に中部横断自動車道の増穂インターチェンジがある。甲府盆地の南西端に位置し、釜無(かまなし)、笛吹(ふえふき)川合流点の西側に位置する。江戸時代から明治後期まで青柳(あおやぎ)地区は隣の鰍沢とともに富士川水運の河岸(かし)として栄え、また駿信(すんしん)往還(国道52号)の宿駅でもあった。明治以降は製糸業の一中心地であり、いまでも製糸業、メリヤス業が行われる。観光地には赤石(あかいし)温泉、妙法寺などがあり、明王(みょうおう)寺の木造薬師如来(やくしにょらい)像は国指定重要文化財。[横田忠夫]
『『増穂町誌』全3巻(1976・増穂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増穂の関連キーワード山梨県南巨摩郡富士川町大椚山梨県南巨摩郡富士川町大久保山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢山梨県南巨摩郡富士川町鹿島山梨県南巨摩郡富士川町小室山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺山梨県南巨摩郡富士川町十谷山梨県南巨摩郡富士川町鳥屋増穂〈町〉山梨県南巨摩郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

増穂の関連情報