コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥海火山帯 ちょうかいかざんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥海火山帯
ちょうかいかざんたい

東北地方の日本海側を南北に走る火山帯。北海道,渡島 (おしま) 半島西方の大島から南へ東北地方の西側を経て新潟県東部の守門岳 (1538m) ,浅草岳 (1586m) にいたる。新生代新第三紀の地殻変動により形成されたもので,岩木山 (1625m) ,鳥海山 (2236m) ,月山 (1980m) ,守門岳などの火山を噴出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうかい‐かざんたい〔テウカイクワザンタイ〕【鳥海火山帯】

北海道南西海上の渡島(おしま)大島から東北地方日本海側の岩木山鳥海山月山を経て新潟県中東部の守門(すもん)岳・浅草岳に至る火山帯。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥海火山帯【ちょうかいかざんたい】

本州弧に並行し那須火山帯の西側を南北に走る火山帯。北海道南西の渡島(おしま)大島から岩木山,寒風山,鳥海山を経て,長野県北東部で那須火山帯と合し,そのあたりで富士火山帯とも接続する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうかいかざんたい【鳥海火山帯】

北海道南西海上の渡島大島おしまおおしまを北端として、青森県の岩木山・山形県の鳥海山を通って、新潟県北東部に至る火山帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥海火山帯
ちょうかいかざんたい

那須(なす)火山帯とほぼ並走し、東日本の日本海側に分布する第四紀(過去約260万年間)の火山帯である。北海道南西海上の渡島(おしま)大島を北端とし、東北地方の岩木山(いわきさん)、寒風山(かんぷうざん)、鳥海山などを経て、新潟県北東部の守門(すもん)岳、浅草(あさくさ)岳までは那須火山帯とは別個に走るが、それ以南では両火山帯が接合してしまう。多くが成層火山で、おもに安山岩であるが、渡島大島や男鹿(おが)半島一ノ目潟(いちのめがた)には玄武岩も出現し、那須火山帯に産する玄武岩よりアルカリ(ナトリウム、カリウム)に富む。十数個の火山が含まれ、渡島大島、岩木山、鳥海山は活火山であるが、過去1世紀間の噴火は、鳥海山の1974年(昭和49)だけである。現在では、鳥海火山帯、那須火山帯の名称は地理的分布の意味でしか用いられず、一括して東日本火山帯とされる。[諏訪 彰・中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥海火山帯の言及

【火山帯】より

…この火山帯の諸火山は,那須火山群以北と日光火山群以西では岩質がかなり違い,後者では角セン石安山岩も多く出現する。それで那須火山帯の西側を並走,南下してきた鳥海火山帯がこの火山帯と接合するあたりでは,両者は岩石学的には区別できない。さらに長野県で那須火山帯が富士・乗鞍両火山帯と会合するあたりでは,それらの火山帯の岩石学的性質も互いに似てきて区別しがたい。…

※「鳥海火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥海火山帯の関連キーワード出羽山地青森県山形県北端

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android