鳥羽・伏見の戦い(読み)とば・ふしみのたたかい

  • とばふしみのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治新政府と旧幕府との間の武力衝突薩摩藩西郷隆盛らは,江戸市中を攪乱して旧幕府側を挑発し,これに憤激した会津桑名主力とする佐幕系兵力は,老中格大河正箕を総督とし,徳川慶喜の本営大坂城を出発,京都南郊の鳥羽伏見から京都へ進撃しようとした。慶応4 (1868) 年1月3日薩摩長州を中心とする新政府軍と衝突,佐幕派の力がまさっていたが,装備力で劣勢だったために敗れ,慶喜は江戸へ敗走した。引続いて徳川追討の軍事行動が起されることとなり,戊辰戦争った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戊辰(ぼしん)戦争最初の内乱。王政復古後、新政府内部において、討幕派は公議政体派を抑え、前将軍徳川慶喜(よしのぶ)に辞官納地を命じた。慶喜は大坂に退いて主導権回復を策したが、討幕派の関東での挑発、攪乱(かくらん)工作にのり、江戸薩摩(さつま)藩邸を焼打ちし、1868年(慶応4)1月2日、旧幕側は、幕兵、会津・桑名両藩兵ら1万5000人を北上させた。新政府も、薩摩・長州両藩兵ら4500人を出し、1月3日、両軍は、京都郊外の鳥羽と伏見で衝突し、数では3分の1に満たないものの、装備と士気に勝る新政府軍が幕府軍を1日で退却させ、6日に戦いが終了し、慶喜は海路、江戸へ逃れた。この結果、新政府内での討幕派の主導権が確定し、2月9日、慶喜追討軍が東征に向かうこととなった。

[井上勝生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1868年1月,京都南郊の鳥羽・伏見で行われた新政府軍と旧幕府軍との戦い
王政復古後も薩長の武力討幕派は徳川慶喜 (よしのぶ) の内大臣辞官・納地を要求するとともに,江戸で薩摩藩が挑発的行為にでたので,憤激した旧幕府軍の会津・桑名藩兵は「君側のを払う」との名目のもとに大坂から入京しようとして,鳥羽・伏見で交戦し敗退戊辰 (ぼしん) 戦争の発端となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥羽・伏見の戦いの関連情報