コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜沢総明(読み)うざわふさあき

百科事典マイペディアの解説

鵜沢総明【うざわふさあき】

弁護士,政治家。千葉県出身。東京帝国大学卒。日比谷焼打事件弁護人をはじめ,日糖事件,大逆事件シーメンス事件,浜口首相狙撃事件,血盟団事件などで活躍。1908年から政友会系の衆議院議員,ついで貴族院議員として活動したが,軍部の圧迫をうけて1936年に辞職。第2次大戦後,極東国際軍事裁判の弁護団長を務めた。法律哲学政治思想の研究でも功績があり,また明治大学総長を務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜沢総明 うざわ-ふさあき

1872-1955 明治-昭和時代の弁護士,政治家。
明治5年8月2日生まれ。大逆事件,血盟団事件,五・一五事件など,おおくの大事件を担当。戦後東京裁判の日本側弁護団長をつとめる。明治41年衆議院議員(当選6回,政友会)。昭和3年貴族院議員。9年明大総長。昭和30年10月21日死去。83歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「法律と道徳との関係」「法学通論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うざわふさあき【鵜沢総明】

1872‐1955(明治5‐昭和30)
弁護士。千葉県出身。東京帝国大学卒。日比谷焼打事件(1905)の弁護人となり注目を浴び,その後,日糖事件,大逆事件,シーメンス事件,森戸事件,浜口首相狙撃事件,血盟団事件,帝人事件をはじめ数多くの大事件の弁護人として活躍し,花井卓蔵と並び称される名声を博した。第2次大戦後も極東国際軍事裁判の弁護団長として東洋思想に立脚する最終弁論を行うなど活躍した。また,1908年から政友会系の衆議院議員,続いて貴族院議員として活動したが,相沢事件の弁護を担当したことから軍部の圧迫をうけ,36年貴族院議員を辞職した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android