コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢清六(3世) つるざわせいろくさんせい

1件 の用語解説(鶴沢清六(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴沢清六(3世)
つるざわせいろくさんせい

[生]明治1 (1868). 静岡
[没]1922
義太夫節三味線方。本名田中福太郎。最初は長唄の修業をしたが,上方に出て 1885年 2世鶴沢鶴太郎に入門し,鶴沢福太郎の名で御霊文楽座(→文楽座)に出座。1887年 3世鶴沢鶴太郎,1893年に 3世鶴沢叶を襲名する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢清六(3世)の関連キーワード渡辺雪峰階乗数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学Nエヌ沼津市明治史料館Diaz de la Peña,N.静岡ガス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone