コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麗らか ウララカ

2件 の用語解説(麗らかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐らか【麗らか】

[形動][文][ナリ]
空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っているさま。「麗らかな日和」 春》「―や松を離るる鳶の笛/茅舎
声などが晴れ晴れとして楽しそうなさま。「麗らかなひばりの声」
心にわだかまりがなく、おっとりしているさま。
「―に言ひ聞かせたらんはおとなしく聞こえなまし」〈徒然・二三四〉
[派生]うららかさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うららか【麗らか】

( 形動 ) [文] ナリ 
太陽がのどかに照っているさま。 [季] 春。 《 -や松を離るゝ鳶の笛 /川端茅舎 》 「 -な春の一日」
晴れ晴れとして明るいさま。朗らかで伸びやかなさま。のどか。 「 -な気分」
声が明るく朗らかなさま。 「うぐひすの-なる音に/源氏 胡蝶
心にわだかまりのないさま。隠し隔てのないさま。 「 -に言ひきかせたらんは、おとなしく聞えなまし/徒然 234
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麗らかの関連情報