コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安らか ヤスラカ

2件 の用語解説(安らかの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やす‐らか【安らか】

[形動][文][ナリ]
穏やかで変わったことのないさま。平安なさま。「安らかな旅路を祈る」
何の心配も悩みもないさま。「安らかな眠りにつく」
わかりやすいさま。平易なさま。
「文字の意味―にして」〈逍遥小説神髄
気楽なさま。
「唐衣こき垂れたるほどなど、馴れ―なるを見るも」〈・一八四〉
穏当でわざとらしさがないさま。
「うちある調度も昔覚えて―なるこそ、心にくしと見ゆれ」〈徒然・一〇〉
たやすいさま。簡単であるさま。
「(水車ヲ)こしらへさせられければ、―にゆひて参らせたりけるが」〈徒然・五一〉
[派生]やすらかさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やすらか【安らか】

( 形動 ) [文] ナリ 
事件となるような事もなく平穏無事であるさま。 「 -な世」
心配事もなく、心の穏やかなさま。 「心-に眠る」 「 -な顔」
たやすいさま。容易なさま。 「 -に結ひて参らせたりけるが/徒然 51
落ち着けるさま。無難に感じられるさま。 「調度も昔覚えて-なるこそ/徒然 10
平易でわかりやすいさま。 「文字の意味-にして/小説神髄 逍遥
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安らかの関連キーワード婉曲穏やか温厚くきやか心静か淑やか伸びやか円やか和順膨やか

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安らかの関連情報