コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安らか ヤスラカ

デジタル大辞泉の解説

やす‐らか【安らか】

[形動][文][ナリ]
穏やかで変わったことのないさま。平安なさま。「安らかな旅路を祈る」
何の心配も悩みもないさま。「安らかな眠りにつく」
わかりやすいさま。平易なさま。
「文字の意味―にして」〈逍遥小説神髄
気楽なさま。
「唐衣こき垂れたるほどなど、馴れ―なるを見るも」〈・一八四〉
穏当でわざとらしさがないさま。
「うちある調度も昔覚えて―なるこそ、心にくしと見ゆれ」〈徒然・一〇〉
たやすいさま。簡単であるさま。
「(水車ヲ)こしらへさせられければ、―にゆひて参らせたりけるが」〈徒然・五一〉
[派生]やすらかさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やすらか【安らか】

( 形動 ) [文] ナリ 
事件となるような事もなく平穏無事であるさま。 「 -な世」
心配事もなく、心の穏やかなさま。 「心-に眠る」 「 -な顔」
たやすいさま。容易なさま。 「 -に結ひて参らせたりけるが/徒然 51
落ち着けるさま。無難に感じられるさま。 「調度も昔覚えて-なるこそ/徒然 10
平易でわかりやすいさま。 「文字の意味-にして/小説神髄 逍遥
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

安らかの関連キーワード道を以て欲を制すれば則ち楽しみて乱れず気が休まる平穏無事安らけし多事多端極楽往生地平天成大往生昔覚ゆ安らぐ神の気安幣帛安けく聖餐式RIP安心感葬場祭安み殿瞑する康寧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安らかの関連情報