麗気記(読み)れいきき

世界大百科事典 第2版の解説

れいきき【麗気記】

両部神道理論を代表する書。18巻。作者には聖徳太子,役行者,弘法大師,伝教大師醍醐天皇の諸説あり,18巻に編成したのは醍醐天皇との説もある。ただし巻末の〈豊受大神宮継文〉は本来《麗気記》とは無関係で,江戸時代に添加されたが,この継文に空海撰とあったことから本書全体が空海作と一般に伝えられた。本書は1320年(元応2)に成立の《類聚神祇本源》に引用されているところから,弘安(1278‐88)より元応に至る40年間の間に成立したものとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の麗気記の言及

【両部神道】より

…しかし1283年成立の《沙石集》によれば,〈内宮外宮ハ両部ノ大日トコソ習伝ヘテ侍ベレ〉とか,〈内宮ハ胎蔵ノ大日〉〈外宮ハ金剛界ノ大日〉と説いているから,伊勢神道と両部神道の結合が比較的早かったことを物語っている。伊勢神道は《神道五部書》をその理論的基礎とし,後の神道理論に大きな影響を与えたが,両部神道の代表的理論書である《麗気記(れいきき)》18巻もその顕著な例である。両部神道関係の著は,〈雨宝童子啓白〉〈両宮形文深釈〉などと記され,またいずれも空海仮託という点に共通する特色があるが,中でも《麗気記》は内外両宮を胎蔵金剛両界に比定して,密教の両部の理論を援用して,外宮の地位の向上と伊勢両宮の神秘性を強調したものであり,文章上理解しがたい点が多く,外宮の下級祠官の手に成るものと推定する説もある。…

※「麗気記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android