コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻黄湯 まおうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

まおうとう【麻黄湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麻黄(まおう)杏仁(きょうにん)桂皮(けいひ)甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。感冒肺炎気管支喘息(ぜんそく)、哺乳(ほにゅう)困難、関節リウマチ夜尿症神経痛関節炎などに用い、悪寒(おかん)、発熱、頭痛があり、汗が自然に出ず、脈が強く力があり、咳(せき)関節痛をともなうとき、より有効とされる。体力のある人がおもな対象。高齢者は胃障害や狭心症の発作を誘発することがあり、注意が必要。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

麻黄湯(まおうとう)

漢方薬のひとつ。風邪の初期症状や発熱などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

麻黄湯の関連キーワード漢方医学にゅう発汗剤かぜ薬煎じ薬哺乳

麻黄湯の関連情報