コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒部五郎岳 くろべごろうだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒部五郎岳
くろべごろうだけ

中ノ俣岳,あるいは鍋岳ともいう。富山・岐阜県境,飛騨山脈の立山連峰南端にある山。標高 2840m。花崗閃緑岩から成る。山頂東側の標高 2700m付近にカール地形があり,尾根は比較的平坦。ハイマツコバイケイソウなどが多く,山頂からは北に薬師岳,立山,東に北アルプス裏銀座縦走路の鷲羽岳,野口五郎岳,槍ヶ岳などの眺望が得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろべごろう‐だけ〔くろべゴラウ‐〕【黒部五郎岳】

富山県富山市、岐阜県飛騨市高山市との境にある山。標高2840メートル。薬師岳から三俣蓮華岳(標高2841メートル)への尾根上にある。東斜面にカール圏谷)が見られる。高山植物雪渓が多い。中部山岳国立公園に属する。「五郎」は岩場を指す「ゴーロ」がなまったもの。中ノ俣(なかのまた)岳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒部五郎岳【くろべごろうだけ】

富山県,岐阜県の境にある山。標高2840m。山の東側には氷河時代の氷河に削られたカール地形が見られ,高山植物が豊富。中部山岳国立公園に属し,日本百名山にも選ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(岐阜県)〕黒部五郎岳(くろべごろうだけ)


富山・岐阜県境にある山。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)主稜(しゅりょう)と立山(たてやま)連峰を結ぶ稜線上に位置する。標高2840m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。山頂東側に大カール(圏谷(けんこく))が口を開け、ここから流れ出る五郎沢は黒部川源流部に注ぐ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に含まれる。中ノ俣(なかのまた)岳・鍋(なべ)岳とも。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒部五郎岳
くろべごろうだけ

富山・岐阜県境にそびえる山。五郎は岩場のゴーロの意。富山市と岐阜県飛騨(ひだ)市、高山市の境に位置する。北アルプス中央部の三俣蓮華(みつまたれんげ)岳(2841メートル)の西方にあり、孤立して高くそびえ標高2840メートル。この山は花崗閃緑(かこうせんりょく)岩で構成され、山頂部には中生代の手取(てどり)統の礫(れき)岩が分布する。江戸時代、黒部奥山廻(まわ)りの記録での越中(えっちゅう)名は鍋(なべ)山。黒部五郎岳は信州側山名で、中ノ俣(なかのまた)岳は飛騨(ひだ)側山名である。この山の東側は、氷河時代の氷河にえぐられ、欠けた鍋をみるようになっており、カールの底に羊群岩(ようぐんがん)やモレーン(堆石(たいせき))がある。なお、カール底の小流に水生昆虫トワダカワゲラがいる。富山地方鉄道有峰口(ありみねぐち)駅から登山コースが開けている。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒部五郎岳の関連キーワード百名山(日本百名山)富山県富山市加藤 文太郎深田久弥中ノ俣岳富山県雲ノ平百名山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒部五郎岳の関連情報